DIY

共働き夫婦必見☆二人のワークデスクをどうやって配置するのが賢いか?

近年、日本の共働き率はぐんぐん上がっています。子供の送り迎えもあれば、当然働く時間の制限が少し出てきます。そうなれば家に仕事を持ち帰らないといけない時もある。自宅にも夫と妻、両方のワークデスクは欲しいものです。一つのデスクを共有すればいいじゃないかと思いますが、実際そういうわけにもいかないのが現実。夫婦それぞれ違う仕事をしていれば、たまっていく資料や書類も、パソコン環境だって違います!

心は一心同体でも、それぞれの仕事環境は違うもの

共働きだと、それぞれが自宅でも仕事をする可能性があります。
もちろん、自宅ではなるべく仕事をしたくないですが… しかし家族のためにも、仕事の効率を上げるためにも自宅で仕事をする事は時には必要。

広ければ問題ないけど…

こんな風にそれぞれのデスクを置けたら最高ですよね。
しかしここまで余裕に書斎部屋として使えるご家庭は、日本では少ないのでは?

配置の工夫とDIYをMIX

デスクの配置をよく考えてみれば、狭いスペースでも置く場所は必ず見つかるはず。
小さいデスクを2つとDIYをすれば、こんな風にちょっとの場所に夫婦それぞれのデスクを置けます。

壁沿いにDIY

デスク自体も簡易的にDIYをして、壁沿いに取り付ける。
L字型でもI字型でも自由に。
あとはスツールさえ用意すれば奥行きもさほど必要ありません!
壁沿いに配置した場合、書類棚をDIYで取り付けられたら最高ですね。
左右でそれぞれの収納スペースとして使い分けられますよね!
そこまで収納棚は要らない!という場合は、ちょっとした飾り棚くらいあればオシャレなワークスペースになりますね!

T字型配置で夫婦のミーティング?!

少し余裕があれば、壁沿いにデスクを配置して真ん中に細長いデスクをT字型に配置するのも便利。
夫婦がお互いの意見を交換できたり、書類を広げて話し合う事もできますよね。
次のページを読む
1 2
Share: