DIY

ひそかなブーム!?100均のカゴを素敵にリメイク!おしゃれ収納アイテムに♪

ちょっとした細かなものの収納に便利な100均のプラスチックカゴや編みカゴ。安価で便利、そのうえサイズも豊富ですが、見た目がちょっと可愛いとは言い難いものが多いですよね。そのまま置くには微妙だし、かといって100均以外で高いものを買うのはちょっと…なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時には自分で可愛くリメイクしちゃうのが一番です!材料はカゴと一緒に100均で買えばお手軽&お手頃なので、気軽に始めることができます。意外とみんなやっている100均カゴリメイク、やり方もけっこう簡単なんですよ♪

#1 側面の穴にリボンを通して可愛く

100均のプラスチックカゴは、側面に穴があいているものが多いですよね。
その穴を利用して、色とりどりのリボンを通してみましょう♪

カゴ自体を白や黒といったモノトーンカラーにすれば、リボンのカラフルさが映えてよりキュートになります。
そのうえ、お部屋の雰囲気に合わせやすくなっちゃうんです!

やり方はとっても簡単。
穴にリボンを通して、目立つ位置にちょうちょ結びをするだけ。
そんな簡単な作業でここまで可愛くできるのはすごいですよね。
しかも簡単にほどくことができますから、気分によって違う色のリボンに付け替えるのも楽々♪

#2 毛糸を使えばあたたかみのあるカゴに

リボンの代わりに毛糸を使ってみるのもGOOD。
プラスチックの質感を隠すことができるうえ、こんなにあたたかみのあるカゴに大変身しちゃうんです♪

カラーや素材、質感なども物によって様々な毛糸ですから、より自分らしいプラスチックカゴにデコレーションすることができます。
毛糸はふわふわしていますので、中身を保護する効果もちょこっとだけありそうですね。

そして、穴に毛糸を通してある温かそうなカゴは、秋から冬にかけての肌寒い時期にピッタリ。
身に着けるようなアイテムではありませんが、見ているだけでもほっこりとしてしまいますよ♪

#3 タッセルをつけてオシャレに

ナチュラルな編みカゴにピッタリのオブジェクトといえば、やはりタッセルではないでしょうか。
大き目のタッセルはプラスチックの安っぽい感じを覆い隠して、立派なものに見せてくれます♪

写真のように、色の違うタッセルをつけたカゴをいくつも並べてみると、統一感もあってとってもキュートですよね。
棚にピッタリ収まるように配置すれば、100均商品であるようにはとても見えません。

タッセルはダイソーなどの100均でももちろん販売されています。
カラーの数も豊富ですから、カゴの色と合わせてお好みの物を選んでみてくださいね!

#4 内側に布を貼ってキュートに

お次は布を使ったリメイク術です。
100均カゴの内側に、インテリアに合うようなお好みの布を敷いてみましょう。
たったそれだけで印象がかなり変わってきます♪

ただ敷くだけでもOKですが、安定させるために両面テープを使って接着しておくと無難。
底面やフチの部分をテープでとめれば目立たないので安心です。
もし敷いた布に飽きてしまっても、簡単に別のものに取り換えることもできますから、カゴを買った100円ショップで可愛い端切れをいくつか買うといいかもしれません。

リボンを穴に通して結ぶ方法と併用してもとっても可愛いですね!

#5 外側も布で包むとステキ

こちらはちょっとだけ作業が必要ですが、それもほとんど手間ではありません。
カゴのサイズに合わせて布を裁断し、両面テープや接着剤で張り付けるだけで済んじゃいます♪

こうすれば中の物が外からは見えなくなりますから、ちょっとした小物を適当に放り込んでしまっても全然問題ありません。
穴や網目から細かいものがこぼれないのも嬉しいポイント。
外側だけでなく、一緒に内側も布で覆ってしまえばもっとステキなものになりそうですね。
その場合は内と外で同じ布を使ってもいいですし、全然違う布を使っても個性的でオシャレになると思いますよ♪

アイデア次第でどんどん可愛くできます♪

プラスチックカゴや編みカゴのリメイク術はまだまだこれだけではありません。
アイデア次第で100均のそっけないプラスチックカゴもどんどん可愛くなっていきます♪

可愛いフリルリボンやレースリボンをカゴの外周にぐるりと巻いてみるとプリンセスのようなスイートな雰囲気が漂ってきます。
好きなカラーリングに塗装すれば既製品にはない自分らしさをたっぷりアピールすることも可能ですよね♪

ダイソーやセリアなど100均の手芸コーナーを回りながら、使えそうなものを物色するのも非常に楽しいのでオススメですよ♪

おわりに

100均のカゴを可愛く使うリメイク術をご紹介しましたが、初心者でもできるような簡単なものが多いので、明日からでもチャレンジできてしまうのではないでしょうか?

自分でリメイクしたカゴを棚にたくさん並べるととっても可愛いですし、達成感もひとしおで、眺めているだけで胸が温かくなってくるものです。
リボンや毛糸を穴に通して結ぶリメイク術は特に簡単なワザですから、皆さんもぜひ気軽に挑戦してみてくださいね♪
Share: