DIY

家族みんなが楽しめる!最近のホームセンターの工作室がすごい!

意外と利用したことがないという人の多いホームセンターの工作室は、家で作業する場所がないという人や工具の騒音を出せない人にとってはDIYの強い味方。場所によって工作室の設備や広さは違いますが、今回は最新設備が揃い、広大な作業スペースを誇るカインズ鶴ヶ島店に実際に行ってみました!子供とのコミュニケーションの機会としてもDIYはうってつけなので、家族みんなでホームセンターの工作室を楽しもう♪

工作室では何ができるの?

今回向かったのは、埼玉県鶴ヶ島市にあるカインズ鶴ヶ島店。
教わりながらDIYを体験する「DIY Style」 さまざまな工具を使ってより本格的なDIYができる「創作スタジオ」 デジタル技術で簡単にDIYできる「デジタルFabスタジオ」 と、それぞれの目的に合わせて選べる3つのスタジオで構成されたCAINZ工房は初心者から上級者まで楽しめる絶好のDIYスポット!

なかでも注目なのがコレ!

さまざまな最新設備のなかでも特に注目なのが、デジタルデータからボタン1つで切ったり彫刻したりできる「レーザーカッター」。
鉄や木材をはじめ、さまざまな素材へのイラスト・文字の彫刻やカット加工を行なえるということで、今回は販売されている作品キットにアレンジを加えたランタンを実際に作ってみました。

手作業でできないことも機械なら!

本来見ることはできませんが、今回は特別にレーザーカッターが動いている様子を見せてもらいました! 手作業ではできないような細かい作業が高速で仕上がっていく様子はついつい見入ってしまいました…。

完成品がコチラ!

文字入れができるということで、「CRASIA」の文字とパソコン上で描いた「ヒヨコ」を入れてもらいました。
細やかな格子状の加工は機械だからこそできる技ですね! 残念ながらランタンは作品キットには含まれていませんが、同じカタチのペン立てがラインナップされているのでぜひ体験してみてください!

手ぶらで楽しめる作品キットも

写真は作品キットのなかのミニカー警察署。
お持ちのミニカーなどで子供に遊ばせたり、色を塗って遊ばせたりできるだけでなく、組み立てはパズルのようで知育にも使えるかも? 素材にもよりますが、タンブラーやアクリルフレーム、革製品にマグボトルなど、店内で購入したものに文字入れすることもできますので、プレゼントにも最適です!

DIYに役立つ設備がいろいろ

他にもDIYユーザーにとってうれしい設備がいろいろあります! 塗装を自分の家でやろうとすると、汚れても平気な広めのスペースが必要ですが、CAINZ工房には、そんな面倒な塗装が手軽にできるペイントルームも完備! 買った塗料と材料で塗装をしたら、乾くまで店内の飲食店でゆっくりしたりとするのもいいですね!

ワンランク上のDIYも!

なんとCAINZ工房なら、一般のDIYユーザーの方はなかなか手が出せない金属の溶接ができちゃいます! 無料の特殊工具講座を受講すれば、溶接を行なう半自動溶接機が使えるだけでなくジョイントカッターなども使用できますので、DIYのレベルがワンランク上がること間違いなし!
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部