DIY

お部屋を少しずつ秋支度!季節のインテリアコーディネートの8つのコツ♪

お盆も終わり、すっかり秋の季節。秋らしい落ち着く部屋のレイアウトに変えて、身の回りから四季に合った生活を送りませんか?お部屋全体を変えなくても、ポイントを押さえるだけで夏のお部屋から、すっかり秋の装いのお部屋に大変身!カーペットやラグの色を変えるほか、取り入れやすい雑貨の選び方も教えちゃいます☆おすすめの秋のインテリアコーディネートのコツをご紹介します!

①ガラス食器をしまいましょう

夏の冷製料理に大活躍した涼しげなガラス食器。
来年の夏まで出番を待っていてもらうため、しっかり洗ってはぎれを間に挟んで、繊細な装飾を守りましょう。
代わりにグラタン皿などを出しやすいところに準備!

②ソファーにブランケットを用意

少し肌寒くなってくるので、手の届きやすいところにブランケットやひざ掛けを用意。
ソファーとコーディネートして、秋冬らしい色合いのものを選びましょう。

③暖色ラグに変える

お部屋の大きな割合を占めるラグをチェンジ。
色味を変えつつ、サラサラした肌触りのものでしたら今から秋まで使えます!

④オレンジ色のインテリアを飾る

インテリアは秋をイメージさせるオレンジ色のものをセレクト。
ダークカラーより軽く明るく見えつつ、華やかさもプラス。
テーブル、ソファ、ラグ、インテリアを暖色で揃えて全体の色味を整えると、部屋が広くみえる効果もあります。

⑤食卓のテーブルクロスを秋っぽく

食事をする場所から季節を先取りしていくと、生活全体も季節に合ったものとなります。
机は変えづらいですが、テーブルクロスやテーブルランナーから秋支度しましょう。
自然と食べる料理も秋らしくなっていきます。

⑥ドライフラワーを飾る

ドライフラワーを飾ると、ちょっと秋らしい部屋になります。
吊るしたり、花瓶に差しましょう。
お花もいいですが、美しい落ち葉を押し花のように加工して、小物に取り入れるのもオススメです。

⑦拾った木の実をディスプレイ

道で拾ったどんぐりや松ぼっくりなどをインテリアにしましょう! 中が見えるガラスの小物入れや、平べったいお皿に広げてディスプレイ♪
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部