DIY

しわしわで可愛い♪長く使える和紙のプロダクト『SIWA | 紙和』

手になじむ紙の柔らかな肌触りと、くしゃくしゃした見た目。和紙とは思えないほどしっかりした作りのバッグやペンケースなどの雑貨たち。山梨県市川大門の和紙メーカー「大直」が、プロダクトデザイナーの深澤直人さんと開発した「SIWA|紙和」シリーズのプロダクトが魅力的!紙の素材で作られているのに長く使える意外性が反響を呼んでいます。老若男女問わず使えるブランド『SIWA | 紙和』の魅力をご紹介します♪

しわしわのプロダクト『SIWA | 紙和』

紙のようにボロボロにならず、布のようにクニャクニャと曲がらない不思議な素材でできたプロダクト『SIWA | 紙和』のシリーズ。
実はソフトナオロンという「和紙」で作られています! 和紙なのにしっかりしており、破れず長く使えます。

和紙メーカー大直×デザイナー深澤直人氏とのコラボ!

大直(おおなお)は千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー。
新素材の破れない障子紙「ナオロン」を開発しました。
そのナオロンを使ったモノづくりプロジェクトに、山梨県出身でもあるデザイナー深澤直人さんを迎えコラボしたシリーズが「SIWA | 紙和」です。
愛着のわくクシャクシャな見た目。
シンプルだけれど細部に凝ったカタチ。
紙なのでカラー展開も多く、選ぶ楽しみもあります。

深澤直人さんとは?

デザイナーの深澤直人(ふかさわなおと)さんは日本を代表するプロダクトデザイナーです。
日本の国内外のデザイン賞を受賞し、作品は美術館にもコレクションされています。
家電雑貨ブランド「±0」、有名な無印良品の壁掛け式CDプレーヤー、KDDI/auから携帯電話INFOBARなど、深澤さんがデザインしたプロダクトを見たことのある人も多いのでは?

『SIWA | 紙和』の魅力的な商品たち!

和紙のもつ良いところを残し、弱点を克服したSIWA | 紙和。
質感の良さを残しつつ、長く使える耐久性があります。
SIWA | 紙和の素敵な商品をご紹介していきます!

名刺ケース

普段身に着けて持ち歩く名刺入れ。
紙ですが、濡れても破れる心配がありません。
SIWA | 紙和シリーズの中でも手に入れやすいサイズと値段のヒット商品です。
サイズ:H78(開くと145) × W103 mm 重さ:6 g 価格:¥1,200(税別) 色:12色

ひも付き封筒

こちらはひも付き封筒。
ふだん使い捨ててしまう封筒ですが、何度でも繰り返し使えます。
サイズ:H345 × W250 × D35 mm 重さ:38 g 価格:¥2,800(税別) 色:茶色、黒

ブックカバー

文庫サイズのブックカバー。
長く大事に使えば、手になじむ感触も変わってきます。
サイズ:H158 × W305 mm 重さ:10 g 価格:¥1,300(税別) 色:12色
次のページを読む
1 2 3
Share:
CRASIA編集部