DIY

キッチンをおしゃれにスッキリ!フライパン収納のコツ3選

台所は食器やお皿が多くグチャグチャになりがちなので、収納場所に困ることが多いですよね。調理台も大きなシステムキッチンでも、置き型タイプのミニキッチンでも、使い勝手よく収納するのは結構大変です。特に厚みがあってかさばるフライパンやお鍋は収納に悩まされます。さらに使う頻度も高いので、 出し入れしやすく片付けしやすい収納で、美しく整理整頓しておきたいものです。そこで今回は「キッチンをおしゃれにスッキリ!フライパン収納のコツ3選」をお伝えします。ちょっとしたアイテムを取り入れるだけで、簡単にできてしまうものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

狭いキッチンこそおしゃれに収納しましょう

日本のキッチンは海外と違って狭いものが一般的です。
さらに料理にこだわればこだわるほど、フライパンが増え、調理台がいっぱいになってしまうこともよくあります。
しかし、狭いキッチンだからこそ、おしゃれに収納することが大切です。
少し一工夫するだけでおしゃれなインテリアにもなるので、一つずつ紹介していきましょう。

その1.スタンドを使って縦収納

使い勝手の良い縦収納型のスタンドは見た目もすっきりしておすすめです。
引き出しにそのままいれるとごちゃごちゃしがちですが、棚のように収納すれば取り出しやすくて便利ですよ。
「フライパンタワー」と呼ばれる専用の収納グッズもあるので、ぜひ市販のお店や、インターネットのサイトで探してみてください。
100均のラックも利用すると価格も抑えられて、コストパフォーマンス抜群です。
全てのフライパンの取っ手を同じ方向に向けれれば、非常にコンパクトにまとめられます。
見た目も統一感がでて、とてもすっきりとした印象を与えてくれます。
掃除をする際も、そのまま持ち上げるだけなので楽ですよ。

その2.仕切りを使って横収納!

縦だけでなく横向きに収納する方法もあります。
メリットはひとめでフライパンの種類がわかることです。
横向きだと、パッと見てどのフライパンか見分けることが難しかったりしますので、その点横収納は優れています。
また簡単に取っ手をつかみ、取り出せる点もうれしいですね。
料理中にすぐに新しいフライパンを使いたい!といったときに直感的に引き出しから持ってくることができちゃいます。
鍋蓋も同時に収納することもできるので、どこにしまったか分からなくなることも少ないです。
薄めの板を間に挟むだけで完成しますし、フライパンの大きさにあわせて間隔を調整することができるので、とても使いやすいですよ。
もちろん100均の書籍スタンドや書類ケースを使っても簡単に作れてしまいます!アイデアひとつで、おしゃれな収納スペースに早変わりです。
工夫次第では通常よりたくさんのフライパンを収納できるので、自由度がかなり広がります。
インテリアとしてフライパンを収納したい場合は木箱を使うととってもおしゃれになります。
ナチュラル系のテイストが好きな方にはとてもおすすめの方法です。
さらに、木箱の横に植物などおいてあげるとさらにおしゃれな空間になります。
ただフライパンを収納するだけでなく、おしゃれを意識すると使うときも楽しい気持ちになりますよ。

その3.フックを使って吊り下げる!

さらにおしゃれに収納したい場合はフックを利用して、フライパンを吊り下げてみましょう。
調理台の下の引き出しがいっぱいでしまえない場合なども、吊り下げる方法を使えば解決することができます。
たいていのフライパンは取っ手の先に引っ掛けるための穴が開いていますので、S字フックを通せば簡単に収納することが可能です。
蓋とセットに吊り下げると使うときに便利なのでおすすめですよ。
次のページを読む
1 2
Share: