DIY

100均で売ってる毛糸玉をDIY!ナチュかわ『毛糸ボール』の作り方と5つの活用方法!

ナチュラルな毛糸の素材で出来た、風船のような丸い形のランプシェード。毛糸の隙間から漏れる光が柔らかで、とっても素敵ですよね。この人気の「毛糸ボールライト」、100円ショップの毛糸と風船を使用してDIYできるんです。照明をつけていないときも、存在感のあるおしゃれなインテリアになります。吊るしたり、置いたりと、設置を色々工夫できるのも嬉しい。他にもさまざまなインテリアに応用ができます。100均で好みの毛糸を見つけたら、ぜひたくさん手作りしてみてください!

毛糸ボール!

大きな風船のようなライト。
ナチュラル素材で出来ていて、少し透けて見える電球もおしゃれ。
町中やSNSの投稿で見たことがありませんか?実はこの「毛糸ボールライト」は100円ショップでも売っている毛糸を使って、簡単にハンドメイドできます。
他にも活用方法がありますので、併せてご紹介してまいります。

1.毛糸ボールの作り方

こちらの動画を参考にしてみてください。
とっても簡単に作れます!

【材料】 毛糸、好きな大きさの風船、工作用メディウムやボンドなど

【作り方】

1.風船を膨らませます

2.工作用メディウムを塗った毛糸をランダムに巻き巻き

3.乾いてカタチが安定したら、風船をパン!と割り完成です!

毛糸を巻く量で雰囲気が変わってきます。
ライトにする場合は漏れる光の量が変わるので、イメージを考えながら作ってみましょう。
粗めに巻けばふわっとした軽い印象になりますし、風船すべてを覆うようにきっちりと巻くと毛糸の素材感が活きた密度のあるものが完成します。
利用する毛糸も柔らかいものから、細いものまでどんなものでも使えますし、少し太めのひもなどでも同様に作ることふぁできます。

2.毛糸ボールライトに

ポピュラーな使い方に、毛糸ボールライトのランプシェードに使う使い方があります。
上の方を少し切って照明を仕込みましょう。
毛糸から漏れる光が幻想的で柔らかい。
間接照明風に使えます。

2-1:床に這わせて光らせてもオシャレ

イルミネーション用の小さな電球に、水風船サイズの風船ライトを作っていくのも素敵です。
床にはわせて置くだけで、なんだかオシャレ。
ひも状になった照明なので置き方も自由自在。
好きな場所でお楽しみいただける万能照明です。

色もお好みに合わせて選んでみましょう。
色を減らすとイメージが伝わりやすくなりますし、カラフルにすれば元気でポップな感じになりますよ。

2-2:パーティーの装飾に

パーティーの装飾にも使える毛糸ボールライト。
蛍光色の毛糸が元気いっぱいに演出してくれます。
他のイルミネーションと一緒に飾っても楽しめますね。
クリスマスやお子様の誕生日会など活躍の場面もたくさんありそうですね。

2-3:瓶に詰め込んでキャンドルに

大きな瓶に詰め込んでキャンドルを囲い込んでも素敵。
その場合は大きめの毛糸ボールを使って、火や電球の部分が直接あたらないように気を付けてくださいね。
麻ひものような色や茶色や生成り色など、ナチュラルな色でまとめるとアンティークな雰囲気になり、大人っぽい雰囲気をつくりだすことができます。

3.壁掛けのインテリアに

毛糸ボールライトは電気を点けていないときは可愛いインテリア風に飾ることができます。
電気がついているときとついていない時と2種類の顔を楽しむことができるなんて、とってもお得なインテリアですね。
昼と夜で見た目が変わるなんて楽しいですね。
次のページを読む
1 2
Share: