DIY

何を揃えておけば裁縫を始められる?覚えておきたいソーイングキットの基本

裁縫は苦手…と言っていても、避けては通れないもの。せめてソーイングキットは持っておきましょう!でも何を揃えておけば裁縫を始められる?と悩むあなたに、ソーイングキットの基本道具をお教えします。最低限これだけ持っていれば、裁縫をする時に困らないですよ!

裁縫道具を保管するもの

裁縫道具はこまごましているので、裁縫道具用の横開きのボックスか、もしくは布製のバッグなど。
大きければたくさん道具を入れられるのでとても便利。
できればこうしたボックスがベストです。
メーカーにより裁縫道具を入れるボックスなどを販売していたりします。
人気ブランドCath Kidstonでは、こんなにキュートな裁縫道具入れを扱っています。

基本の道具

まずは、 ・針、糸 ・ハサミ(裁ちばさみ、糸切りばさみ) ですよね! 糸は100均などでたくさんの色がセットで売っていたりします。
白と黒を基本として、他にもいろいろな色を持っておきましょう。
針も、太さが違う何種類かを持っていると便利です。
ハサミは必ず2種類。
・裁ちばさみ ・糸切りばさみ は必須です。
その他に、布の端をほつれにくいようにしたり見栄え良く切れる ・ピンキングバサミ を持っていると、更に安心です。

その他には?

裁断に便利な ・ルーター ・チャコペン ・ヘラ など。
糸を針に通すのに便利な ・糸通し ・ゴム/紐通し など。
厚い布を裁縫する時に便利な ・指ぬき もあるととても安心です。
このように、裁縫道具には基本から、あるととても安心な道具までいくつもあります。
どこまで用意するかは皆さん次第。
実際に裁縫をいろいろ経験するにつれて、必要な道具がみえてきます。
ゆっくり「マイ・ソーイングキット」を揃えていきましょう!
Share:
CRASIA編集部