DIY

100均アイテムで自作オリジナルレシピカード☆海外の素敵な奥さんを見習っちゃおう♪

皆さん、レシピの管理はどのように行っていますか? 料理本に付箋を貼ったり、ノートに書き溜めたりするのが主流ではないでしょうか? それももちろんいいのですが、ここは海外の素敵な奥様たちのアイデアを取り入れてみるのはいかがでしょう。ノートではなく、カードにレシピを書き溜め、「レシピボックス」に入れておくんです。このレシピカードをご近所の奥さんたちと交換したり、お友達と贈りあったり、お子さんが出来た時にボックスごとプレゼントして受け継いだり! 今回はそんな思い出にもなるレシピボックスを、100均の材料で簡単に作る方法をご紹介します♪

海外ではみんな持ってるレシピボックス♪

レシピボックスというものをご存知でしょうか? これは、レシピをカードに書いて保管しておくテクニックです。

インターネットやレシピブックを見て、とってもよさそうなレシピを見つけたら、カードにきちんと書き留めてレシピカードボックスに保管します。
親やお友達から教わったレシピなども、忘れずにカードに書き留めておくようにしましょう。
とっても便利なので、海外の奥さんはみんなやっているんですよ♪

普段料理をする時にも便利なだけでなく、娘さんが大きくなった時、嫁入り道具として持たせてあげることができますよ♪

レシピボックスを作る手順は簡単。
カードにレシピを書いて、箱におさめていくだけなんです♪

オリジナルのレシピカードを作る

まずは、カードに調理手順や調味料、必要な食材などを書いて、オリジナルのレシピカードを作ってみましょう。
記号やイラストなども添えるとわかりやすいですね♪

誰が見ても同じクオリティの料理を再現できるよう、わかりやすい文章かつ正しい順番で書くように心がけましょう。

人に見せるカードなのだという想定で書けば、加熱時間や火加減がどのくらいなのか、大さじや小さじをどのくらい使うのかなど、細かいところまで書いていけますよ。
いくつでも書けるように、同じサイズのレシピカードをたくさん用意しておくと後々便利です。
ダイソーには「情報カード」という方眼紙がカードになっている商品がありますから、それを使うと便利ですよ!

また、インターネットで「レシピカード テンプレート」と検索すれば、印刷して使うことのできるテンプレートがたくさん出てきます。
毎日のように使う物ですから、デザインは好きなものを選んで、ダウンロードして印刷してきましょう♪

印刷はコンビニなどでも可能です。
ハガキサイズのカードなら、セブンイレブンなどのはがき印刷できれいにプリントできますよ。
コピー用紙に印刷するよりもシッカリした紙なので嬉しいですね。

料理の種類ごとにラベル分け

毎日レシピを書き溜めていっていると、あっという間にたくさんのレシピカードが溜まっていってしまいますよね。
そこで、料理のジャンルや種類ごとにラベル分けしてみるテクニックを使ってみるのがオススメですよ!

和食、中華、イタリアン、とジャンルごとにわけていきましょう。
さらにそこからメイン、サイド、スープ、サラダのように分けてもいいですし、朝食用、ディナー用……といったタイプごとの分け方でもいいですね。
ライフスタイルにあった分類の仕方で、より使いやすいレシピボックスを作り上げていきましょう♪

ダイソーのインデックスシールを使えば、安価でわかりやすく分類することができます。
ラベルも毎日目に入るものですから、せっかくだから凝ったデザインにしたいですよね♪

最近はダイソーやセリアなど、様々な100円ショップで可愛いインデックスシールが販売されています。
動物柄やクラフト紙風の物、カラフルなものまで色々ありますよ♪

もっとオリジナリティが欲しい人は、マスキングテープやスタンプ、シールなどを使って可愛くデコレーションしちゃいましょう。
料理のジャンルごとにカラーリングを変えてみたりするのもとってもステキですね。
色とりどりのラベルとレシピカードでレシピボックスを賑やかにして、毎日のお料理を楽しく変えましょう!

オリジナルのレシピボックス

では、今度はそのレシピカードを納めておくためのケースについて考えていきましょう。
これは基本的に何でもOKですが、キッチンなどで扱うことが多くなると思いますので、紙製だとちょっと不安かもしれませんね。
缶やプラスチック、木箱など、可愛くて丈夫な素材がおすすめですよ♪

100均で販売されている缶などは、可愛くてサイズも色々ですから、ちょうどいいものが見つかるはず。
あなたの大切なレシピカードがピッタリおさまるようなキュートなボックスを探しに、100円ショップの雑貨コーナーに出かけましょう♪
あえてシンプルなボックスを選んで、自分の好きなようにデコレーションするというのも素晴らしいアイデアですね。
毎日使う物ですから、とことんこだわったほうが楽しい気分になれるんですよ♪

木製のボックスなら、ナチュラルな布製品との相性はバツグン。
可愛いファブリックを貼り付けたり、レースリボンやフリルリボンを活用してガーリーなレシピボックスにデコレーションしちゃいましょう。
プラスチックのカゴを使ったボックスなら、ビーズやチャームを使ってとびっきり可愛く仕上げてみるのはいかがでしょうか。
その他にもラッピングペーパーやマステ、フレークシールを使ってみるなど、工夫次第でどこまでもこだわることができます。
あなたらしいレシピボックスを作っちゃいましょうね♪
次のページを読む
1 2
Share: