DIY

カラフルで素朴♪ゆるかわポップなデザインが可愛い『東欧雑貨』とは?

コテコテとした花の模様、カラフルな色使い。純朴さを失わない東欧雑貨の人気が高まっています!チェコ・ハンガリー・ポーランド・ルーマニア…東欧諸国のどこか懐かしさの残る素朴さは、お隣北欧の、シンプルで柔らかなデザインとはまた違った良さがあります。民族的で独特なパターンと細かな手仕事は、日本人の私たちにとって本来なじみの深いもの。魅力あふれる東ヨーロッパの雑貨たちをご紹介します♪

東欧の雑貨は「ゆるかわポップ」

東欧の雰囲気をそのまま映したような、カラフルでポップな雑貨。
東欧雑貨の最大の魅力は、その“素朴さ”と“可愛らしさ”にあります。
ヨーロッパらしく、センスのきらりと光る遊び心あるデザインと、手仕事による、均一・均質でない素朴さが同居しています。

素朴で身近な距離感

おしゃれだけどおしゃれ過ぎない、 カラフルだけどカラフル過ぎない、 「洗練され過ぎていない」ところが東欧の魅力。
東欧の街中は、素朴で温かみのある雰囲気で満たされています。

東欧はどこ?

ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア・旧ユーゴスラビア・アルバニアなどが「東欧(東ヨーロッパ)」と呼ばれる地域です。
ただ、政治的な変転によって現在では東欧と認識されない国もあることや、「ヨーロッパの東西をどこで分かつか?」について、はっきりとしない側面もあり一概にはくくれません。

「東欧雑貨」の人気が出てきた!

シンプルでナチュラルなオシャレさが人気の“北欧雑貨”。
その北欧とは一風変わったクセのある「東欧雑貨」の愛らしさが注目されるようになり、近年人気が高まっています。

独特な色使いやパターンに中毒になりそう!

刺繍文化の発達している地域でもあり、東欧のプロダクトやファッションには、独特の模様が反映されていることがしばしば。
色使いは明るく華やか。
西欧や北欧にはない明快な色が使われることが多いのも特徴です。
どちらも手仕事による手触りを感じるような、どこか懐かしい雰囲気をまとっていますね。

東欧の「キッチン・テーブルウェア」

東欧の食卓は明るい。
日常的に使われるお皿やカトラリーなどの食器は、陽の光をたっぷり吸いこんだかのようにカラフル。
料理を彩ります。
特に人気があるのは「ポーリッシュポタリー」。
ポーランド製の陶磁器です。
明るい絵柄、様々なかたち、素朴な質感。
ポーランドの「Ceramika Artystyczna社(ツェラミカ アルティスティッチナ)」のテーブルウェアは世界的に有名です。
こちらはチェコのハンドメイドのプレート。
ペイントの部分にでこぼこした膨らみあり、手作り感がありますね。
使うのが少し勿体なくなるほど、手の込んだ一枚。
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部