DIY

手作りが可愛い「ファブリックバスケット」作り方と活用アイデア8選

柔らかい質感とふんわりした形が可愛いかご「ファブリックバスケット」。 温かみのある布製バスケットを手づくりしてみませんか。好きな生地を選んで、お部屋の雰囲気にぴったりの収納ボックスをハンドメイド。布と糸だけなので安く作れ、布カバーとしても応用できます。小物をポンポン放り込んでも傷つかず、使わないときには折りたためる、整理整頓に便利なファブリックバスケットの作り方と活用アイデアをご紹介します。

柔らかい見た目が可愛い♪ファブリックバスケット

布でできたバスケット「ファブリックバスケット」は、実用的なものでありながら、お部屋のインテリアとしても可愛い存在。
既製品も販売もされていますが、手作りすればお気に入りの布、好きな大きさなど、オリジナルデザインに仕上げられるのが魅力です。

ハンドメイド初心者さんにとっては難しそう…と思われるかもしれませんが、材料は布2枚だけ。
カットして縫い合わせていくだけなので、意外と簡単に作ることができますよ。
お気に入りの布を見つけたら、早速作ってみませんか。

作り方

50cm×70cmの布 2枚

1.裁断した長方形の布の中心が底の部分になるように、バスケット型に縫います。
2.同じサイズのものを2つ作ってください。
3.2つのバスケットを中表に重ね、数センチだけ残し縫い合わせます。
4.縫い残した部分から、生地を引っ張り出して表に返し、縫い残した部分を縫ってください。
5.最後に縫い口の部分にアイロンをかければ完成です。

詳しく動画で

分かりやすく動画でも紹介されています。

初心者さんにはこちらがおすすめですよ。
2つのバスケットが作れたら、表の生地が見えるように重ね合わせ、端の部分を外向けに折ると完成です。
バスケットを縫い合わせる必要がないので、より簡単に作ることができますね。
2枚の布は、違う色・柄を使うのがおすすめです。
見た目の可愛さはもちろん、リバーシブルとしても使えるので、気分次第でお部屋の雰囲気も変えられます。

お部屋を彩るインテリアにもなる

カラフルな布で作れば、それだけでお部屋が明るくなります。
収納力を持ちながら、お部屋のインテリアとしても使えるなんて、とても優秀ですよね。

布選び次第でシックな仕上がりにも

可愛いだけではありません。
白と黒のモノトーンの布を選べば、シンプルな仕上がりに。
お部屋がシックに決まります!

子どもたちが喜ぶ絵柄で

こんな可愛い絵柄のファブリックバスケットに仕上げられるのも手作りならではです。
動物の他、お花やスイーツ、乗り物、キャラクターものなどで作れば、子どもたちもきっと大喜びですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: