DIY

お中元の時期。お返しっていつまで?お礼のマナーが知りたい!

夏の暑いころになると届くお中元。大人になると日ごろお世話になっている方から、夏のご挨拶として季節のお菓子やハムを詰めたお中元が届くようになりますよね。いただいて嬉しいお中元ですが、お中元の意味、お返しをする時期や、そのほかのマナーを知っていますか?大事な人からのせっかくの贈り物。なるべく失礼のないように応えたいものです。丁寧にお礼の気持ちを込めて、季節のご挨拶をしましょう。

お中元は、日ごろの感謝をこめた贈り物

image by PIXTA / 10922192

社会人になったり結婚したりするとお中元を送ったり、届くようになったりしますよね。
お中元は基本的に、目下の人から目上の人に贈るものです。
例えば、離れている両親や親戚、仲人さんや会社の上司、恩師に向けて贈ります。
日頃のお礼や近況を伝えることがお中元の目的でもあります。
配送した荷物と同じころに届くように、近況を伝える手紙やはがきなどを投函していいでしょう。

なぜお中元を贈るようになったの?

image by PIXTA / 3068768

もともと中元は三元(上元・中元・下中)のなかの一つで、旧暦では7月15日とされています。
もともとは中国の道教の行事で人間贖罪の日でしたが、のちに死者の罪が許されるようにと願う日になりました。
これが日本のお盆となり、目上の人やお世話になった人々に贈り物をする「お中元」という風習が生まれました。

関東と関西で時期が違う?

image by PIXTA / 7027073

中元=お盆なので、お盆の時期が違うとお中元を贈る時期も違ってきます。
【お盆の時期】 ・沖縄・奄美地方など・・・8月8日~9月6日頃 ・東京・横浜・静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など・・・7月15日 ・それ以外の全国・・・8月15日 関東地方は7月15日頃、関東を含むその他の地域では8月15日頃がお盆の目安となります。
とはいえ、最近は7月15日頃までにお中元を手配する人が多くなっています。
もし多くの方に一括で贈る場合は、7月15日に設定してしまっても失礼にはあたりません。

お中元のお返しはいつまで?

image by PIXTA / 32765599

お中元が届くのは7月15日頃。
頂いたらマナーとして、なるべく間をおかずにお返事をしましょう。
実は贈られた側は、品物のお返しをしなくてはいけない、ということはありません。
贈ってくれた先方へ、電話やお礼状でお中元が届いたことと、感謝の気持ちが伝えられればいいのです。
もし品物を贈る場合は、7月15日以降になるので暑中お見舞いの時期は過ぎてしまい、残暑お見舞いのご挨拶となります。
できれば立秋(8月7~8日)までに贈れればいいのですが、感謝の気持ちがこもった贈り物は、いつ届いても嬉しいものだと思います。

お中元のお返しって何を贈ればいいの?

image by PIXTA / 6551195

もし品物を贈る場合、どんなものを送ればいいかは特に決まりはありません。
実用的で自分が貰っても嬉しいもの、くらいの配慮でOKです。
季節の品なども夏らしくて喜ばれます。

お返しの金額はいくらにするの?

image by PIXTA / 32200963

お中元のお返しの相場は 「頂いた品物の金額」 で決まります。
半額程度、3割程度のもので十分です。
あくまでも頂いたものに見合った価格にとどめるのがお中元のお返しマナーです。
いただいた品物に比べて、明らかに高価な贈り物のお返しは「次からはお中元を送らないで結構です」の意味を含むともされます。
気を付けましょう。

贈る品物で気を付けることは?

image by PIXTA / 31844381

生鮮食品の場合、夏休みで先方がお出かけされて不在の場合もあるので、生ものを贈るときは事前に在宅されているか確認しましょう。
賞味期限の短いものも、消費できない場合があります。
贈る量も先方のご都合に合わせて選ぶ気遣いを見せてあげられるといいですね。
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部