DIY

100均の箸やビーズでプチプラDIY!浴衣に合うかんざしの作り方♪

浴衣や着物、振袖など、すべての和服に似合う髪飾りである「かんざし」。まとめた髪に差して、ワンポイントとして使います。買うと高いかんざしですが、なんと100均のお箸やビーズを使った簡単DIYで作れちゃうんです!古風でシックな一本かんざしのヘアアクセサリーで和装の髪型をばしっと決めて、夏祭りや花火大会に出かけましょう♪

浴衣姿に似合うかんざしを作ろう

和服姿に似合うかんざし。
浴衣を着る季節になりましたが、こんな古風なかんざしでヘアスタイルをバッチリきめてみませんか?

用意するもの①:お箸

なんと100均に売っているお箸を加工して作ります。
素材は木のものが加工しやすいです。
削ったりするので、塗装のないものの方がベター。

用意するもの②:飾り

お箸の先に付ける飾りを用意しましょう。
少し垂れ下がるものの方が、ゆらゆら揺れてオシャレ!

作り方例

1.お箸を使いやすい大きさにカット 2.刺さらないように両端をヤスリやルーターで丸く削ります 3.飾りをつけます(飾りの付け方は、端に穴を開けて丸カンを入れたり、ヒモでギュッと結んだりなどする方法があります) 完成です! 材料さえあれば簡単に作れそうですね♪

みんなの作ったかんざし

みなさんの作ったかんざしを参考にしてみましょう。
こちらは編み物で作ったレースを飾りにしたもの。
箸の先端にボタンを付けているところがオシャレ。
造花を接着したもの。
DIY初心者でも簡単♪
シンプルなかんざし。
色を塗り分けた部分に、大きめの穴のビーズを接着して固定させれば作れちゃう、とっても簡単な方法!
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部