DIY

大人気のミニチェスト「ikeamoppe」の素敵なリメイク方法10選

おしゃれな家具やインテリアがリーズナブルなIKEA。そのIKEAで人気アイテムなのがミニチェスト「MOPPE」です。無塗装の木材でできたシンプルな引き出し。シンプルな見た目と機能的なデザインで、DIYがしやすい優れものです。収納力抜群のおしゃれなインテリアとして、アイディア次第で世界で一つだけのオリジナルインテリアに大変身!今回は、「MOPPE」を使った素敵なおすすめリメイク方法をご紹介します。

シンプルな見た目で大人気「MOPPE」とは

IKEA(イケア)で最近人気が高いMOPPEは無塗装のバーチ合板木材を使用しており、とってもシンプルです。
お手入れも軽くから拭きするだけ。
表面の耐久性を高めるために、ワックスやオイル、グレージングを施すことも可能で、そのまま使用してもアレンジを加えても、楽しめるチェストです。
細かい書類やUSBメモリー、携帯の充電器から、メイク用品からアクセサリーまですっきり整理整頓できます。

2017年9月現在、販売されているのは、、幅29 cm・奥行き18 cm・高さ22 cmで4つの引き出しが付いたもの(お値段1699円)のほかにも、幅 31 cm・奥行き: 18 cm・高さ32 cmで6つの引き出しが付いたもの(お値段1999円)、幅:42 cm・奥行き18 cm・高さ 32 cm(お値段2499円)の3サイズです。

1.黒板塗装をする

引き出しの全面に黒板塗料でペイント。
それぞれの引き出しにチョークで中身を書くことができます。
また、チョークは何度も消せるので、中身を入れ替えても書き換えることができるので便利です。
黒が全面に出るのでおしゃれで少し男前なインテリアになりますね。

2.コーヒーでペイントする

インスタントコーヒーをお湯に溶かしたものでペイント。
薄づきなので、何度か重ね塗りするとシックで落ち着いたチェストの完成です。
塗料を使用するとニオイが気になる方も多いはず。
コーヒーで塗ると嫌なニオイもなく、小さいお子さんがいても安心して塗ることができます。

3.好きな塗料でペイントする

好きな塗料を使って、自分だけのチェストが作れます。
パステルカラーを使用すると柔らかいインテリアに。
はっきりとした色を使用するとモダンなインテリアに。
ホワイトなどのナチュラルカラーを使用すると大人なインテリアになりますよ。
ぜひ、ご自身がデザイナーとなって、世界に一つだけのチェストを作ってみて下さいね。

4.引き出しを裏返して取っ手を付ける

引き出しを前後反転させて、穴があいていない面に100均ストアやホームセンターなどで販売しているオシャレな取っ手を付けると全く印象が変わります。
取っ手もガラスやアクリル、陶器など素材も様々あるのでアレンジの幅も広がります。
シックな取っ手を付けると、オフィスでも使用できそうですね。

4.高く積み上げる

上下が平面で安定しているので、高く積み上げて置くことが可能です。
玄関やキッチンカウンターの横など、天板の高さを合わせたい場所に置くときれいな見栄えになります。
沢山重ねると薬棚の様な仕上がりで存在感抜群です。
倒れないように注意してくださいね。

5.壁付けにする

金具を使って壁に取り付けると、また違った印象になります。
上に小物を置くこともできますし、立てかけて飾るスペースもできます。
壁付けシェルフとしてももちらん使えます。
寝室のサイドボートとしも素敵ですね。
次のページを読む
1 2
Share: