DIY

グロスやファンデ、化粧品っていつまで使えるの?余った化粧品の使用期限を知っておこう

なかなか使い切れない化粧品、食べ物と同じで使用期限があるのかな…と考えたことはありませんか?答えは「使用期限あり」です。開封した時から酸化が始まり、水分を含んだものは腐敗します。古くなった化粧品は肌荒れの原因にもなりお肌の大敵。そこで、一般的な化粧品のおおよその使用期間と、古くなった化粧品をうまく活用する方法をご紹介します。

知っておこう、化粧品の消費期限

image by PIXTA / 28030577

女子の毎日に必須のコスメ。
季節ごとにファンデーションを買い替えたり、新商品が出るとついつい買ってしまったりと余ってしまうことはありませんか?私は、保湿性の高い冬用のファンデーションを買ったもののひと冬で使い切れなかった、なんてことがよくあります。

でも要注意!実は化粧品にも使用期限があるんです。
未開封の場合で、製造から約3年以内というのが一般的な使用期限。
開封済の場合だとさらに短くなります。
食品と同じで空気によって酸化しますし、一度使うと細菌の問題も…。
特に水分を含んだものは長持ちしません。

ここからはアイテム別に使用期限と余った場合の活用方法を見てみましょう。

#1 メイクに欠かせないリップクリーム・グロス・口紅

image by PIXTA / 27048942

リップクリーム・グロス・口紅は皮が薄い唇に直接塗るため、使用期限が過ぎたものを使うと荒れたり、繁殖した細菌が口の中に入ってしまったりと注意が必要です。

使用期限はおおむね、リップクリーム→半年、グロス→3ヶ月~1年、口紅→3ヶ月~2年となっています。
特にリップグロスは水分量が多いので、早めに使い切るように心がけましょう。

余った口紅の使い方

image by PIXTA / 22353019

余った口紅は手作りキャンドルの色付けに使えるんです。
これがなかなか素敵。
使い切れずに余ってしまった時はぜひ作ってみましょう。
ロウが溶けた状態のときに余った口紅を削って混ぜるだけ。
鮮やかカラーのキャンドルの完成です。

#2 新製品を試したくなるアイシャドウ・アイライナー・マスカラ

image by iStockphoto

アイシャドウ・アイライナー・マスカラもや皮膚の薄いまぶたや目の粘膜近くに使うため、古いコスメから受けるダメージも大きくなります。
メイク用品の中でも1番種類を持ちたいアイテムなので、気になるときはチップやブラシをこまめに洗って清潔に保ちましょう。

使用期限はおおむね、パウダーシャドウ→半年~1年、リキッドシャドウ→3カ月~半年、リキッドアイライナー→3カ月、マスカラ→1カ月~3カ月となります。
リキッドは水分量の多く腐敗がすすみやすいことから、使用期限も短めになっているんです。

余ったアイシャドウの使い方

使用期限が過ぎてしまったアイシャドウは、粉状に細かくくだいてトップコートと混ぜるとオリジナルのマニキュアが作れます。
ヴァセリンに混ぜるとグロスに早変わり。
ラメが入ったアイシャドウが余った時は、洗い流さないトリートメントと混ぜ合わせて髪のおしゃれに使ってもおしゃれ。
手軽にグリッターヘアが楽しめます。

#3 女子力が一気に上がるマニキュア

image by PIXTA / 28845793

マニキュアは固い爪に塗るから大丈夫じゃないの、と思っている人がいたら大間違い!爪は意外にデリケートなんですよ。
分離している、匂いがおかしい、変色している…といった異変を感じた時は、確実に腐敗しています。

使用期限はおおむね1~2年と言われています。
何かおかしい、塗りづらくなってきたと感じたら新しいものに買い替えましょう。

余ったマニキュアの使い方

使用期限が過ぎたものや、粘度が高くて使いづらくなったマニキュアは、マニキュアフラワーに使うといいですよ。
針金で花を作ったら、花びら1枚1枚に膜を張るように古いマニキュアを塗っていきます。
慣れてきたら花以外のモチーフにもチャレンジしてみてもいいかも。
インテリアやアクセサリーに活用できるマニキュアフラワー、いろいろなサイトで作り方が紹介されているので参考にしてみてくださいね。
次のページを読む
1 2
Share: