DIY

賃貸でも大丈夫!カッティングシートでキッチンをナチュラルテイストに♪

賃貸でもできるDIYの紹介動画「ツクレピ」の第1弾! 貼るだけで簡単に見た目をオシャレにできるカッティングシートは多くの人がキッチンのリメイクなどに使っていますが、「賃貸物件だけどできるかな?」と思っている人も多いはず。そこで今回は、賃貸物件空室情報提供サービスを運営する株式会社CHINTAIの社員の方に、カッティングシートを使ったキッチンリメイク術を動画で紹介してもらいます!

部屋はいいけどキッチンが…

お部屋探しの際に、部屋はいいんだけどキッチンが気に入らずに諦めたことはありませんか? キッチンが気に入らなければ自分で変えちゃえばいいんです! 今回はこのどこにでもある普通のキッチンをカッティングシートで変身させて行きましょう!
賃貸でもできるDIY動画「ツクレピ」の第1弾は、カッティングシートを使ったキッチンリメイク! どこにでもあるキッチンが、ナチュラルテイストのオシャレなキッチンに生まれ変わるまでの流れをご覧ください!

木目調でナチュラルな雰囲気に

キッチンの棚や扉に使うカッティングシートはサンゲツのリアテックカラーアッシュ柾目(TC-8258)でナチュラルな雰囲気に。
レンジフードは同じくサンゲツのリアテックブラック(TA-8340)を使ってアクセントを付けていきます。
カッティングシートのサイズは実際に使用するサイズの1.5倍ぐらいの寸法を持たせて購入しましょう。

使う工具やその他材料は?

元のキッチンの取っ手がかなり古かったので、100均(セリア)で取っ手を購入しました。
工具は取っ手を取り付けるためのドライバー、カッティングシートを切る際に必要なカッターとカッターマット、シートをキレイに貼ることのできるスキージー(シート購入時におまけで付いてきました)、貼ったシートをキレイに切るための金属ヘラ、定規を用意。

まずは取っ手を外しましょう

突起物があるとシートをうまく貼れないので、まずは邪魔な取っ手を全部外して行きましょう。
また、シートを貼る部分が汚れていると粘着力が落ちてしまうので、中性洗剤などでキレイにしておくとシートが長持ちしますよ!

貼る場所の寸法を測る

下準備が整ったらいよいよカッティングシート貼りへ。
まずはシートを貼る場所の寸法を測って行きましょう。
長めの定規などがあると楽なので、今後のDIYのためにも1ついいものを購入しておくと重宝しますよ!

四方に3~4cm余裕を持たせて

カッティングシートはロールの状態で届きますので、貼る場所に合わせて切って行きましょう。
このとき、実際の寸法よりも四方に3~4cm余裕を持たせて切ってください。
ピッタリに切ってしまうとキレイに貼ることが難しくなってしまいます。
また、下にカッターマットを敷いて床を傷つけないようにしてくださいね!
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
haletto