DIY

腕時計のベルトをリメイク!カジュアルでおしゃれなベルトの作り方10パターン!応用してキーホルダーにも

腕時計のベルトって、あまり種類がなくておしゃれを楽しめないですよね。そんな時はベルトをDIYして、オリジナルのファッションアイテムに変えてしまうのがおすすめ!素材や色を工夫してリメイクすれば、オシャレなレディース用だけではなく、子ども用やメンズ用の時計にも使える技ばかり。毎日つける腕時計だからこそ、自分らしい素材と色を選びたい。ベルトを交換するだけで、お手持ちの腕時計の印象がガラリと変わっちゃうんです!

まずは腕時計のベルトを外すには

「そもそも、腕時計のバンドって自分で取り外すことが出来るの?」そんな疑問を抱いている方は多いはず。
その質問の答えは、ずばり「イエス」です!

実は腕時計のバンド、つまりベルトの交換は誰でも簡単に出来るんです!時計のベルト交換時に必要なものとしては、バネ棒外しと呼ばれる道具があれば充分。
バネ棒外しのお値段は1000円もあれば入手可能です。
中には腕時計を購入した時に、お店の人がおまけで付けてくれる場合もありますよ。

意外と簡単!早速ベルトを外してみましょう!

ベルトを外すのに必要なバネ棒外しと、ベルトを交換したい腕時計が手元にある方は早速ベルト外しに挑戦!初心者の方は金属タイプのベルトよりも、まずは革製の腕時計のベルトから挑戦してみた方が良いかもしれません。

まず最初に、時計のベルトの内側に差し込まれている、バネ棒と呼ばれる金属部品をバネ棒外しを差し込んで外します。
片方のバネ棒が無事に外れれば、反対側の方も外しましょう。
お手持ちの時計によって異なる場合がありますが、バネ棒外しが1本あればベルトの交換は簡単に行えます。
YouTubeなどの動画サイトでも腕時計のベルトを外す方法が紹介されていますよ!ぜひ参考にしてみて下さい。

パターンその1:スカーフを巻いて簡単エレガントな腕時計

ベルトを外せたら、腕時計のリメイク開始!

まずは、スカーフをベルトに見立てて時計に通し、ぐるぐる巻きにするとサッと簡単にエレガントな腕時計に早変わり!スカーフの用途にお悩みの方もぜひおすすめのリメイク方法です!お家にスカーフがない方には、ハンカチを代わりに巻いても素敵です!最近は雑貨屋さんでも、おしゃれなデザインのハンカチが店頭でたくさん販売されているので、自分の好みにあったデザインのハンカチをチョイスしましょう!

パターンその2:レースを巻いて可愛さUP!

こちらはレースのヒモを通したもの。
ベルトの代わりにレースを通すだけで、可愛さが増して女子力もUPすること間違いなし!

あえて太めのレースを巻いて手首にインパクトを与えても良いですし、レトロな細身の白いレースを巻いても可愛いですね!日によってレースの色や太さを変えてみると、よりコーディネートの幅も広がります!可愛くて甘めなファッションが好きな女子にお似合いです!

パターンその3:メジャーを付けて洗練されたカジュアルなデザインに

一見すると、メジャーと腕時計ってイメージ出来ませんよね。
けれど、実は意外に腕時計のベルトにメジャーって合うんです!

ベルトの代わりにメジャーを時計に通すだけで、定番のデザインだった腕時計が、驚くほどカジュアルに洗練されたデザインになります!さらにメジャーの幅が腕時計のベルトのサイズにもピッタリ。
強度だってあります! プチンと合わせるタイプのボタンを付けるのもお忘れなく。

パターンその4:ビーズのブレスレット風のベルトもオシャレ!

腕時計をアクセサリー感覚で楽しみたい方におすすめなのが、ビーズで作ったブレスレット風の腕時計ベルト!パーティードレスなどの華やかなファッションにも似合いそうな、キラキラした腕時計がハンドメイドで作れちゃうんです!

まずはベルトを取り外した時計に、アクセサリーを作る時に使うテグス糸を通して、お好みのビーズでブレスレットを作る要領で編んでゆきます。
人気のスワロフスキーのビーズを使って編むと、よりジュエリー感が増しますよ!

パターンその5:アイロンビーズをナイロン糸で編んで

パイプ状にカットされたアイロンビーズを利用して、ポップで可愛い腕時計に仕上げてみませんか?

アイロンビーズと言えば、子どもが遊ぶおもちゃだと思っている方も多いはず。
けれど、そんなアイロンビーズを順番に通して編んでいくと、本格的なベルトにもなるんです!また色や編み方を変えて、お子さんの腕に合った腕時計を作るのも良いでしょう!
次のページを読む
1 2 3
Share: