DIY

白いオブジェのようなテーブルウェア。ひとつは欲しいアスティエの食器!

ムラのある塗りの、少し青みがかった乳白色。有機的でいびつな形。テーブルの上の置くだけで、まるで繊細な彫刻作品のように存在感のある白の陶器。フランスの食器ブランド『アスティエ・ド・ヴィラット(Astier de Villatte)』 をご存じですか?有名セレクトショップで取り扱われるMade in Parisのテーブルウェア。世界中で絶大な支持を得ているアスティエの食器の放つ魅力をご紹介します!

『アスティエ・ド・ヴィラット』の白い食器

真っ白じゃなく、少し色ムラのある青みがかった乳白色。
アーティスティックなかたち。
フランス・パリのブランド「アスティエ・ド・ヴィラット( Astier de villatte )」の食器。
料理を引き立てつつ、テーブル上で存在感を放ちます。

世界中の人々から熱狂的な支持を受ける若いブランド

パリにショップとアトリエを構えるアスティエ・ド・ヴィラット。
ハンドメイドで作られる白の陶器を中心に、香水やステーショナリー、家具を生み出しています。
パリ国立美術学校で出会ったイヴァン・ペリコーリとブノワ・アスティエ・ヴィラッドのふたりが1996年に始めました。
一見クラシックで、伝統を感じさせるような器ですが、実はまだ若いブランド。

制作はすべてハンドメイドの「MADE in PARIS」

18世紀から続くパリの伝統のセラミック技術で、パリの土を使い、パリのアトリエで作られています。
その工程はすべてハンドメイド。
熟練の職人たちが担当制で受け持ち、ひとつのカップにかかる制作時間は約2週間程度。
なので、1点1点がすべて違う表情を持ち、存在感ある佇まいを醸し出します。
すべての「作品」には職人のイニシャルとともに、AとVを組み合わせたロゴが刻印されています。

オブジェのようなデザインの秘密

アスティエのテーブルウェアのコレクションは、「理想のオブジェ」をかたちにしたもの。
歴史的な美術作品、大衆的な美術作品、ゴミ箱に捨てられたオブジェなどからインスピレーションを得たデザイン。
他にも芸術一家であるAstier de Villatte家のエスプリ、ローマでの暮らしで出会ったものたち、蚤の市や、屋根裏部屋で見つけた魅惑的なものたちが、その制作のスパイスとなっています。
ヨーロッパの伝統的なデザインをベースにして、新鮮な感性を吹き込んで作られたアーティスティックな食器です。

アスティエの食器シリーズをご紹介

白の陶器、というベースは変えずに、様々なシリーズを展開したり、他の作家とコラボしながら生まれるクリエイティブな食器。
そのシリーズの一部をご紹介します。
こちらの写真はアスティエとも親交の深いパリの女性アーティスト「ナタリー・レテ」とコラボした「フルール」のカップ。
花のレリーフが可憐なシリーズです。

パールの粒のような「アデライド」シリーズ

パールの粒が美しくデコレーションされたシリーズ。
ドレスの装飾や、ブラウスのフリルのような華やかさ。

立方体がモチーフになっている「Cube」のシリーズ

結晶のようなはかなさとシャープさ。
テーブル上を引き締めます。
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部