DIY

夏の水分補給に欠かせない便利グッズ、セリアの「折りたたみ水筒」を使いこなそう

水分補給が欠かせない夏。学校や会社に水筒を持参するのもよいのですが、飲み終わった水筒ってカバンの中でかさばるんですよね。その問題を解決する画期的な商品「折りたたみ水筒」をご存知ですか?100円ショップのセリアやダイソーで販売されている「折りたたみ水筒」はコンパクトに持ち歩けて、毎日の生活はもちろん、アウトドアでもレジャーでも大活躍。携帯に便利で何度でも利用できる「折りたため水筒」をさっそくチェックしてみましょう!

マイボトルが当たり前の時代に…

image by PIXTA / 28465453

最近、マイボトルが人気で持参する人が増えています。
こだわりの自家製ドリンクを外でも飲みたい人、エコや節約を意識してペットボトルのミネラルウォーターやお茶を買うのに抵抗のある人など、その目的はさまざま。
利用者が増えて注目されたことで、デザイン性を重視したオシャレなもの、機能性の優れたものなど、驚くほどマイボトルの種類が豊富になっています。

マイボトルの唯一の問題を解決

image by PIXTA / 23358500

夏は熱中症予防、暖房で乾燥する冬もこまめに水分補給…と1年を通して出番のあるマイボトル。
でもそんなマイボトルにも1つの問題が…。
マイボトルを持ち歩くと、朝は重いし、帰りはかさばるしで意外に大変。
マイボトルが当たり前になりつつある時代だからこそ「携帯に便利なものが欲しい」と思っていたら…ありました!

携帯に便利な100円ショップの折りたたみ水筒

こちらは100円ショップで販売されているおりたたみ水筒。
ドットの柄もかわいく、スポーツ飲料でよくあるハンディパック式で内容量は480ml。
使い捨て商品ではないので繰り返し使えて、何と水を入れる自立するんです。

飲み口は普通のペットボトルと同じで飲みやすく、さらに持ち歩きに便利なカラビナ付き。
そして飲み終わったあとは、たたんでコンパクトにできるところがポイント。
カバンの中でもかさばらずに持ち帰ることができます。

いろいろなデザインがある折りたたみ水筒

シンプルな折りたたみ水筒ですが、カラーが豊富でオシャレ。
100円ショップの折りたたみ水筒と同じく、このタイプは折りたたむとかなり小さくなります。
学校や会社以外に、混雑するライブ会場などイベント時にも使用しやすいですよ。
こちらはストローのような飲み口が付いたスポーティーなデザインのボトル。
こちらもコンパクトに折りたためます。

折りたたみ水筒は、付属のカラビナを外せば冷凍ができるのが利点の1つ。
夏に冷たい飲み物を持ち歩きたいときにも便利で、スポーツをやっている方にもおすすめ。
デメリットは、写真のようなパック型は熱い飲み物の持ち歩きには不向きということ。
ただ、冬の屋内は暖房が効いていることが多いので、このデメリットはさほど気になりません。
こちらはパック型とは素材が異なるシリコン製。
シリコン製の折りたたみ水筒は、折りたたみ式以外につぶせるタイプの水筒もあります。
容量も、200ml・300ml・400ml・500mlの4段階にサイズ調節できる優れもの。

シリコン素材の水筒なら、保温性はないものの熱い飲み物も持ち歩きできます。
ジャバラになっていて、びよーんと伸び縮みするタイプ。
よくスポーツでこのようなペットボトルを見ますが、最近は完全にペシャンコに折りたためるような商品も販売されています。
小さいお子様でも簡単に折りたためるので、遠足や運動会などにもオススメ。
次のページを読む
1 2 3
Share: