DIY

オーブンで硬化する樹脂粘土「ポリマークレイ」で簡単オシャレアクセ作り♪

オーブンで焼成するプラスチック粘土「ポリマークレイ」って知ってますか?色つきの粘土で、好きな形を作ってからオーブンで焼くと硬化して、簡単にプラスチックの成形ができる画期的な樹脂粘土!色もカラフルでとってもカワイイ。DIY初心者さんでも、穴を開けるだけのビーズなら簡単に作れます。特別な道具や難しい作業もいらないポリマークレイで、オシャレなオリジナルアクセサリーを作りましょう♪

オーブン粘土”ポリマークレイ”

“ポリマークレイ”は、樹脂で作られたクラフト用粘土で、オーブンで焼くことで簡単にプラスチックのように硬化するオーブン粘土! プラスチック製品を、自分で作れてしまうようなもの。
日本で手に入るポリマークレイは、比較的扱いやすいドイツ製の「フィモ」やアメリカ製の「スカルピー」、強度のある「プレモ」などがあります。

作り方は簡単!

手順は、 1、手でこねて軟らかくし、形を作る 2、予熱をしたオーブンで120~130℃で30分程加熱 3、プラスチックのように硬くなる。
粘土が冷めるまで待つ 4、加熱後もカッターや彫刻刀で彫ったり、ヤスリで削ったり、様々な加工が可能! 熱を加えないとずっと固まらないので、作り置きをして必要な時に焼成することができます。
加熱後はプラスチック素材になるので、軽くて強くて耐水性があります!

ポリマークレイで作ったアクセサリーたち

みんながポリマークレイで作ったオリジナルアクセをご紹介します♪

ネックレス

四角く成形して、竹串で穴を開けるだけでオシャレなビーズになります。
それにヒモを通してネックレスにしたもの!
四角以外にも、丸や棒型、カットしてダイヤモンド型も作れます♪
上手に作れなくても大丈夫。
こちらは棒型の粘土を軽く曲げて、穴を開けたもの。
個性的なかたちのネックレス!
色やかたちの違うビーズを作って、センス良く組み合わせましょう!
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部