DIY

材料費0円DIY☆拾った石をデコレーション「ストーンペインティング」が流行中♪

外で拾ってきた石をキャンバスに、色を塗ってデコレーションする「ストーンペインティング」が今海外で大人気です!「ストーンアート」とも呼ばれるこのDIYは、自然の石特有のいびつな形を活かしておしゃれにリメイクするというもの。しかし、ただの石だと侮るなかれ。意外と使い道がたくさんあったりします。メインの材料となる石は外で拾ってくるので、材料費がかからないのも嬉しいですね。話題のストーンペインティング、そのDIYの手順やオシャレな活用法をご紹介します♪

石をインテリアに変身させる手順をご紹介!

アイデア次第で様々な使い道もあるストーンペインティング。
まずは、その作り方の手順をご紹介します♪

ステップ1:綺麗な石を見つける

最初はメインの材料の調達から。
理想的な形の石を見つけるため、お散歩気分で外へ出かけましょう!

道端や公園から拾ってくるのもいいですが、ストーンペインティング用の素材探しにオススメなスポットはズバリ河原です。
河原にある小石は川を流れて転がってきたものですから、角がとれていてキレイに丸いものが見つかりやすいですよ!もちろん、お散歩コースとしても気持ちのいい場所でもあります♪

ステップ2:石を洗って下書き

拾ってきた石はそのままでは使えません。
スポンジなどを使ってキレイに洗いましょう。
泥や汚れをしっかりと落としたら、よく水気を拭きとってきちんと乾燥させます。

そしてその石の形をよく見て、完成形をイメージ。
どこにどんな模様をいれるのかを決めたら、ペンや鉛筆を使って下書きを入れて行きましょう♪

ステップ3:色を塗って完成

下書きに沿って、自由に好きな色を塗っていきます。
より自分のセンスを表現していきたい場合は、下書きをしないで心のおもむくままに色を重ねていくのもアーティスティックで素敵かもしれません。
納得のいくまで色を塗ったら、絵の具やインクを乾燥させて完成です♪

オススメの画材はアクリル絵の具や油性マーカーですが、芸術に正解はありませんから、色々な物を試してみてください。

ストーンペインティングの使い方アイデアをご紹介♪

頑張ってペインティングして、オシャレにリメイクされた石…作ってそのまんまじゃもったいないですよね。

ここからは、ストーンペインティングを活用するアイデアをご紹介していきます!DIY初心者でも簡単にできるものもありますし、どれも楽しいものばかりですよ♪

#1 キーホルダーに加工する

DIY用にドリルを持っているのなら、慎重に穴を開けてキーホルダーに加工するのがオススメ。
コロンとした自然の形がなんともオシャレですし、ひんやりとした石特有の感触がなんとも手になじみます。

しかも、同じものを持っている人は誰もいませんから個性をアピールできちゃいますよ♪

#2 多肉植物風にペイントしてインテリアに

石の丸い形を利用して、多肉植物風ペイントしちゃいましょう!写真のようにたくさん作って植木鉢にディスプレイすれば、まるでサボテンを栽培しているように見えるおもしろインテリアの出来上がりです♪

本物のサボテンと違ってお世話の必要が全くありませんし、本来は刺さるとトゲも絵の具で描いた絵なので安全。
自分で手作りしただけあって愛着もわきますから、本物のサボテンより良いなんて声も!?
次のページを読む
1 2 3
Share: