DIY

七夕にもおすすめ!折り紙でできる立体星「ラッキースター」の作り方と9の活用法!

七夕やクリスマスと季節のイベントにも活躍してくれる星のモチーフ。市販にもいろいろありますが、自分で好きなように作ることができたらうれしいですよね。そんなあなたにお届けしたいのが「ラッキースター」の作り方です。コロンとした小さな立体の星の折り紙が簡単に作れちゃいます。折り方はシンプルだけど、アクセサリーにもできるくらいの完成度!実はこの折り紙、「origami lucky star(オリガミラッキースター)」と呼ばれ、海外でも人気なんです。小さなお星さまをみんなでいっぱい手作りしてみましょう。活用方法もご紹介しちゃいます!

1.コロンとした小さなお星さま「ラッキースター」

昨今、海外では折り紙が注目されています。
そんな折り紙を使った小物の一つが「ラッキースター」ぷっくりとコロンとした小さな立体の星。
海外でも星の折り紙は、「origami lucky star」「origami star」として有名です。
見た目にもかわいく、いろんなものにアレンジできるので、クラフト作家さんのなかでも注目を浴びています。

「幸運を招く小さな星」「願いが叶うように」と作られるラッキースター。
いわゆる日本の千羽鶴のような位置づけのようです。
たくさん作って楽しんでみましょう!

2.まずは作り方

【1】細く紙を切って折っていきます。
画像を参考にしてみてください。

【2】折っていった紙の最後の部分を真ん中に差し込み、五角形をつくります。

【3】五角形の再度の中央部をぐっと押して厚みを作るようにしながら立体感を出します。

【4】綺麗な星型になるように調整して出来上がりです。

最初は難しいかもしれませんが、コツをつかめば簡単に作ることができます。
失敗を恐れずにチャレンジしてみてください。

作り方が分かりやすい動画

こちらの動画も参考にしてください!折り方や立体感を出すところは実際にしているところを見たほうが理解しやすいと思いますので、ぜひ再生してみてください。

ラッキースターの作り方はわかりましたか?それでは出来上がったラッキースターをどのように活用したらよいかみていきましょう!

3.【活用法1】メッセージリボンをラッキースターに

リボン状の紙にメッセージを書いてラッキースターをつくります。
ただの無地の紙じゃなく、メッセージを書いて秘密の手紙みたいですね!折ってしまえば読めなくなるので、秘密の願い事もかけられる。
紙の端っこは折りこんであるだけなので簡単にほどくこともできます。

4.【活用法2】瓶いっぱいに詰めてインテリアに

色とりどりの星を作って、順番に透明のビンにつめて飾ってみましょう。
瓶の空間を等分しながら入れていくと、横から見たときに綺麗なグラデーションが出来上がります!より小さく作ると星の砂のようでロマンチックですね。
空き瓶を使ってエコに作っても良いですし、試験管や細長いスパイス入れの瓶などに入れて並べて飾ってもきれいです。
今はやりの電球型の瓶に入れても面白いかも。

5.【活用法3】星のなる木をつくろう

枝を支持体にして、星を通した糸を張り巡らせる。
もしくはオーナメントのように糸を通してぶら下げても良いかも。
ロマンチックなインテリアになります。
七夕飾りからクリスマスツリーのオーナメントにまで活躍の幅が広そうですね。
枝も少し大きめのモノであれば公園などで拾って乾燥させて使えば、支持体にお金をかけずにできるのでラッキーですね。

6.【活用法4】キャンディー風にして飾って

星を竹串やスティック状の棒にさして、手持ちキャンディー風のアイテムをつくりましょう。
魔法のステッキみたいでカワイイですね。
小瓶に何本か立てても良いですし、大きめに作って一輪挿しに立てても良いですね。
爪楊枝にさしてピンチョスに使ったり、ろうそく代わりにケーキに立ててもかわいくなりそう!クリスマスケーキにいかが?
次のページを読む
1 2
Share: