DIY

ミッフィー生誕60周年!かわいいメモリアルグッズが続々登場してるよ♪

2015年の今年は、なんとミッフィー生誕60周年記念イヤー!みんなが大好きなミッフィーを祝うため、日本のみならず世界中で人気が再燃!テレビや雑誌で特集が組まれるのはもちろんの事、グッズが展開されたり、デパートや美術館でミッフィー展が開催されるなど、まさにミッフィー祭り♪かわいいグッズのご紹介と、大人にも愛されるミッフィーの、実は奥が深い、オシャレな理由も教えます♪

今年はミッフィーイヤー

60年前の1955年6月21日、オランダの絵本作家、ディック・ブルーナの手によって生まれたミッフィー(うさこちゃん)。
今年2015年は、ミッフィー生誕60周年記念のメモリアルイヤー!

みんな大好き!

ミッフィーの絵本は、全世界で8500万部以上売れている! 「子どもたちの真っすぐな目に応えたい」という理由で、いつでも正面を向いているミッフィー。
世界中の子供から大人まで、幅広く愛されています。

ミッフィーがオシャレな理由は、キチンと裏付けがある

作者のブルーナは元々、オランダの抽象美術運動「デ・ステイル」の影響を受け、単純な色とシンプルな形で表現するデザイナーだった。
1、使われている色は『ブルーナカラー』と呼ばれる赤、青、白、緑、黄色のみ。
2、絵本の形はすべて正方形で統一されている。
3、線は手描きで、シンプルだけど少しデコボコしていて温かみがある。
4、背景がなく、見る人の想像力に任せる大胆な構成! オシャレに見えるのは、ちゃんと理由があったんですね!

松屋銀座がまるごとミッフィーになった!!

春に東京でのミッフィー展が開催された松屋銀座は、建物ごとミッフィーをお祝い! 他にも今年中に青森、神戸、福岡、名古屋、梅田、島根と巡回して、各地がミッフィー色に染まってる♪

可愛い過ぎる…!ミッフィーグッズたち

ミッフィー展のグッズがとにかくカワイイ!! ミッフィーが光るランプ。
大人も欲しくなる!
ベッドカバー! 落ち着いた色で使い易い♪
1955年の、一番最初に描かれた「ファーストミッフィー」がぬいぐるみになって登場! いびつな形が愛らしい♪
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部