DIY

無印良品が「丁度良い」理由。「もの八分目」の考え方で作られるプロダクト

無印良品の商品って、気付けば手に取ってしまう。シンプルで、老若男女誰でも使いやすいのもあるけれど、なんだか気持ちいい、なんとなく丁度いい。無印良品の商品や、作られるプロダクトのデザインが良い理由って、ちゃんとあるんです。日本人が本来持っている自然な考え方が、世界にも届き始めています。

満腹より腹八分目

「腹八分に医者いらず」という言葉があります。
お腹いっぱいになるまで食べずに、八分目あたりの、ほどほどの量にしておくのが健康や長生きの秘訣、という意味。

「腹八分目」の考え方をモノにも

地球の資源は有限なので、使いすぎないようにする。
無印良品のように大量に同じプロダクトを生産するメーカーだと、少しの量でも積み重なれば膨大な量になるのです。
余計なことややり過ぎを抑えて、適正な量にする。
「人間にとっても、本当はそのくらいが丁度良いのでは?」 という考え方に基づいて、商品を開発しています。

カードが小さい

まず無印良品のメンバーズカードからして、通常のカードより小さくできてます。
バーコードが読み取れる、最低限の小ささしかありません。

商品テープが細い!

袋がいらない場合にとめるテープが、通常のテープより細く出来てます。
過剰包装をやめる上に、更なる工夫!

絞れるくらい薄いボトル

無印良品の化粧水のボトル、実は絞れるくらいに薄くできてます。
余計な成分の入っていないピュアな化粧水は、ムダのない容器に入ってる!

幅狭トイレットペーパー

トイレットペーパーの幅も狭い。
いらない部分は省いた幅。
運搬の際の積載数も増やせます。

体にフィットする大きさの机

大きすぎない家具で木材の使用量を減らせる。
家具を置いた時のスペースも広く取れます!
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部