DIY

マンションでもDIYで素敵なワークスペースを!クローゼット&押し入れ改造術7選

自宅に持ち帰った仕事をしたり、長時間パソコンを使うためにリビングのテーブルを占拠してしまう…よくある光景ですよね。「自分だけのワークスペースがあればいいのに」と思いながら、スペースやコストの問題であきらめている方は多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、クローゼットや押し入れを改造してワークスペースをDIYする方法。大がかりなリノベーションも不要、スペースの少ないマンションでも大丈夫、という素敵な改造術をご紹介します。

書斎やワークスペースが欠かせない時代に…

image by PIXTA / 4719066

仕事でもプライベートでも当たり前のようにパソコンを使う時代になり、最近では「一家に1台」と言ってもいいほど生活に欠かせないものとなっています。
在宅ワーカーの方、自宅に仕事を持ち帰る方、ブロガーさんなど、パソコンを長時間使う人にとって欠かせないのが集中できるスペース。
書斎やワークスペースが欲しいけれど、戸建てじゃないからスペースがないし、コストのかかるリノベーションは無理…とあきらめている人が多いのではないでしょうか。

工夫とアイディア次第でワークスペースが手に入る

image by PIXTA / 27071497

憧れのワークスペース、あきらめるのはまだ早いですよ!マンションでスペースが少なくても、リノベーションが難しくても、工夫とアイディア次第で素敵なワークスペースをお部屋に作ることができるんです。
リビングやダイニングのテーブルを占拠してみんなに嫌がられていた日々とサヨナラできますよ。

クローゼットと押し入れが救世主に…

戸建てと比べると、マンションでは使えるスペースが少ないですよね。
個室をワークスペースとして利用できればいいのですがそうもいきません。
ではマンションに残された夢のスペースがどこかというと…そう、クローゼット&押し入れです!このスペースを利用すれば、大がかりなリノベーションなしに憧れのワークスペースが手に入ります。
それでは、工夫とアイディアで憧れの書斎&ワークスペースをDIYしちゃった実例を見ていきましょう。

#1 狭いクローゼットでも問題なし

狭いクローゼットでもイスが入るスペースがあれば問題なし。
立派なワークスペースになります。
色味も白で統一すると圧迫感も少なく、机の上に置くものを厳選すればそれほど狭さは感じません。
集中するには逆にこの狭さがいいかも…。

#2 棚板を設置して収納力アップ

ワークスペースには、書類ボックスや本などを並べる棚が必要になります。
DIYで棚を取り付けましょう。
取付方はいろいろありますが、幅が狭くてサイズの合う棚が見つからない場合は、写真のようにL字金具と板を使った棚を設置すれば大丈夫です。

#3 好みの壁紙を貼って落ち着く空間に…

クローゼットの中はたいていの場合、クロスがそのまま見えていると思います。
味気ないと感じる方は、好みの壁紙を貼ってイメージチェンジするのもおすすめ。
気持ちが切り替わって集中力も高まりますね。

#4 押し入れも大活躍

押し入れもワークスペースとして大活躍してくれます。
特に中板がテーブル代わりになるので、机が必要ないのが嬉しいポイント。
中板をそのまま使うと写真のように男前インテリア風にできますし、リメイクシートなどで好みのテイストに変えてもいいですね。
また、この実例では壁紙代わりに黒板塗料を塗っています。
マグネットがくっつくので便利かもしれません。
次のページを読む
1 2
Share: