家族のこと

しっかりした女性に変わりたい方に教える10の習慣

ここ最近、芯のある女性の良さや自立している女性をピックアップした記事をよく見かけます。筆者は世間体を気にする親に厳しく育てられたこともあり、幼い頃からしっかりしていると言われてきました。今回は、義実家やご近所さんからしっかりした奥さんだと思われたいという女性に是非取り入れてもらいたい習慣をご紹介します。

しっかりした女性の定義とは広くて曖昧なので気構え過ぎない

image by iStockphoto

しっかりした女性と言っても主観的なものなので、捉え方は人それぞれです。
それでも、積極的に人と挨拶をしたり自己管理ができる人はしっかりしていると周りから言われることが多いでしょう。
恐らく、この記事をご覧になっているということは、消極的な性格を変えたいという気持ちでいたり、浪費癖を治して「しっかりとした女性」の印象を周りに与えたいと考えて辿りつかれたはずです。

性格を急に変えることはできませんし、無理に変えようとすると負担が大きく疲弊してしまう可能性があります。
自分にできることから、一つずつ習慣を変えていく気持ちで読み進めてください。
奥さんがしっかりしていると、義家族や旦那さんの会社と関わりを持つ機会があれば、旦那さんの印象を良くするきっかけになることもあります。

まずは見た目から「しっかり者オーラ」が出る習慣を始めてみる

image by iStockphoto

あなたが思い浮かべる「しっかりしている女性」の特徴をすぐに挙げられますか?簡単なところで「歩く時の姿勢が良い人」「金銭管理がしっかりできる方」といった特徴で構いません。
また身近に憧れの女性が居る場合は、その方を目標に設定するのもモチベーションを上げる方法です。
どういった部分を見て、しっかりしていると感じるか考えてみてください。

ただ性格を変えるということは、価値観や無意識に出る癖など自分の根本から変えていく必要が出てくるので大変です。
今回は、まず日々の行動で印象を変えられるようなものをご紹介したいと思います。
少し意識を変えていただくものを揃えていますが、続けることができれば先ほど上げた「価値観」や「癖」を少しずつ変えていくこともできるはずです。
筆者が親に厳しく言われたポイントや、実際に褒められたことを中心にご紹介させていただきます。

習慣1:ご近所さんには自分から挨拶をするよう心掛ける

image by iStockphoto

あなたは近所の方と出会った時、自分から挨拶していますか?ご近所さんは災害を含めた困った時に助け合える身近な方なので、日ごろから挨拶をしておくことは大切です。
筆者と同じマンションに住む方で、こちらから挨拶をした時に会釈をして逃げるように去る方がいらっしゃいます。
人には各々事情があるので一概には言えませんが、同じフロアに住んでいることもあり、何かあった時にどういった接し方をすればいいかわからず不安を抱いています。

日ごろの行いで良い印象を持っていただけないことが続くと、何かあったときにも積極的に助け合うことができなくなることもあります。
筆者の友人に、とても人見知りの方がいました。
この友人は学内で先生や用務員さんにあった時も挨拶ができないと、とても悩んでいました。
この記事を読んでくださっている方の中にも同じような悩みを持たれている方がいらっしゃると思います。
理由としては、「無視されたらどうしよう」「嫌がられたらどうしよう」というものだと思いますが、挨拶は喜ばれることの方が多いです。
今の時代は、ご近所さんであっても疎遠になりやすい傾向にありますが、挨拶はとても重要なコミュニケーションなので、大切にしましょう。

習慣2:家族はもちろん出先でも感謝の気持ちを忘れない

image by iStockphoto

感謝の言葉を伝える習慣は、周りからの好感度アップに大変役立ちます。
普段、買い物の時は店員さんに御礼を言ったり、食後のお会計時に「ご馳走様」を伝えていますか?わざわざ店員さん相手に面倒だと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし接客業を経験して筆者は感じましたが、お客様からの「ありがとう」はモチベーションを上げてくれる心温まる言葉です。
それも笑顔で言われた日には、この仕事をやっていて良かったと実感できるほどの力を持っています。
そして何故、お礼を習慣にして欲しいかと言うと、義実家の家族と食事へ行ったときや仕事関連の食事で恥をかかないためです。

避難訓練と同じで、習慣化していない行動は意外といざという時に出せず、時には後悔することもあります。
日ごろから、お釣りを受け取った時や食事後のお会計でお礼を言うようにすれば、自然と習慣になるはず。
お礼を言って嫌な顔をする店員さんは極稀で、ほとんどの店員さんは素敵な笑顔を返してくれます。
人見知りさんも是非試してみてください。
また、特にマンションや勤務先に掃除してくれている方がいる場合、積極的に挨拶したり、御礼を言って欲しいと筆者は思います。
夏や冬など、厳しい季節にも自分たちが使う場所を綺麗にしてくださっているので、感謝の気持ちを忘れないでいただきたいです。

習慣3:話す時は相手の顔を見て笑顔で居ることを心掛ける

image by iStockphoto

日本人は特に、相手の目を見て話すことが苦手な方が多いと思います。
筆者は逆に目力が凄いと言われ、目をそらされやすい傾向にありますが、真剣な話をする時は信頼して頂けるきっかけにもなりました。
もし直接目を見ることが苦手な方は、眉間や口元を見るようにすれば良いです。
俯いたり、余所見をする方は自分に心を開いて貰えないのだと感じ、話しかけづらい印象を与える場合もあります。
義実家のご両親と話す時、結婚して間もない時期は緊張するシーンも多いでしょう。
筆者は、昔から笑顔を褒めて頂くことが多かったので、目を見て笑顔を心掛けるようにしました。

すると、話す回数を重ねる度に心のガードが確実に下がっていることを実感しました。
話を聞くときも笑顔を心掛けるということは、話している相手に関心を示しているサインにもなります。
円滑なコミュニケーション、仕事などのシーンでは非常に有効なので、是非スムーズに行えるよう日ごろから練習してみてください。
笑顔が引き攣ると悩んでいる方は、毎日鏡の自分に笑いかけてみましょう。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、毎日自分の笑顔を見ていると自分に自信が持てるようになり、しっかりとした女性のオーラも出やすくなるのでオススメです。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: