ホーム&キッチン家のこと

おすすめガーゼケット15選。赤ちゃんのお肌を守るガーゼのメリットや選び方は?

赤ちゃんといえばガーゼ。ふわふわで気持ちよくて、お肌にも優しいガーゼは出産祝いにぴったりのアイテム。パジャマやスタイ、ハンカチなど赤ちゃんグッズに多く使われている素材。赤ちゃんだけでなく成長してからも使う機会がたくさん。何枚あっても困らない便利なものですよ。ガーゼならではのメリットとおすすめのガーゼケット15選をご紹介します。

ガーゼのメリット3点を確認!

image by iStockphoto

ガーゼは小さいお子さんから大人まで、優しい肌触りが人気の素材ですね。
ガーゼを使うメリットもたくさん。
普段の生活に取り入れたくなるいいところがいっぱい詰まったスグレモノです。

1 肌にやさしい素材

image by iStockphoto

ガーゼは粗い目が特徴の素材。
だからふんわりしていてお肌に優しい素材なんですよ。
赤ちゃんや子供のお肌は大人よりも薄くてとっても敏感。
そんなお肌に最適ですね。
柔らかいので負担も少なく使えるのがメリット。
もちろん子供だけでなくアトピー性皮膚炎など敏感肌の大人にもおすすめです。
お肌に直接触れるものだからこそこだわりたい面も、最近では農薬や化学薬品を使わずに安心して使えるオーガニックコットンが人気ですね。

お洗濯するたびに柔らかく、肌触りもよくなっていきます。

2 一年通して快適に使える

image by iStockphoto

ガーゼといえば暑い夏に最適な素材だと思われている人も多いはず。
実は1年中オールシーズン通して快適に使える生地。
通気性が良いので暑い夏の就寝時には涼しく快適に。
重ねることで空気を含み保温性がアップするので、秋冬の寒さが気になる季節にもおすすめ。
適度な暖かさで吸水性・吸湿性もよく、ムレを防いですぐ乾くので、汗をかいた時に気になる寝冷え予防にもぴったり。
気候に合わせて夏は薄手のものを、冬は重ね加工がされているものを使い分けると快適がグンとアップしますよ。

3 軽くて通気性バツグン

image by iStockphoto

ガーゼの粗い目は通気性抜群でふんわり軽い素材。
子供って大人が思っている以上に汗をかくんですよね。
冬場でもちょっと厚着させると汗かいてる事なんて日常茶飯事。
通気性がいいので気になるあせも対策にも有効。
軽いのでお散歩の時や車でのおでかけでも大活躍してくれます。
タオルケットとガーゼケットを折りたたんで左右の手で持って比べると、その軽さが実感できますよ。

選び方のポイントは2つ。

image by iStockphoto

ギフトとして贈っても、使ってもらえなきゃ意味がない!普段使いしやすい製品を選ぶのがポイント。

選び方その1「サイズで選ぶ」

image by iStockphoto

ガーゼケットは万能なアイテムで、アイディア次第で何にでも使うことができます。

大きいサイズのものは寝具以外にもラグとして。
ダニやほこりが気になる畳やカーペットの上に敷くだけで、刺激から敏感なお肌をカバーしてくれますよ。

小さめのものはおくるみや湯上りタオルとしても。
ベビーカーや車に常備しておけば、いざという時にもサッと取り出して使うことが出来ますね。
どちらにせよ、何枚あっても困らないので極端に大きすぎたり小さすぎたりしなければ、サイズはあまり神経質になる必要はないように思いますね。

選び方その2「デザインや価格で選ぶ」

image by iStockphoto

プレゼントするものだからオシャレなものを!とかちょっと高級なものを!と思う人もいるでしょう。
個人的な意見ですが実体験から言うと、あまりにもオシャレだったり高級なものは普段使いには不向き。
子供用のものは必ず汚れると言っていい程汚れます。
高級ブランドなどのちょっとお高い製品だと、汚れが気になって気軽に使うことができない…。
そこはあなたのセンス次第という事。

そしてカラーも大事。
ガーゼケットって子供が大きくなってからも使う機会が多いんですよね。
そんな事を考えて贈るのなら、パステルカラーなど優しい色合いがおすすめ。
幼稚園や保育園に入ると、お昼寝布団を持ってきてくださいと言われる場合も。
そんな時は名前を書いてくださいと必ず言われます。
濃い原色系のものは、マジックで書いたお名前がよく見えないんですよね。
ガーゼケットに限らず、お子さん用にプレゼントするのなら淡い色や優しい色がベスト。
その方が雰囲気も可愛いですよね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: