ホーム&キッチン家のこと

ピーラーをきちんと選ぶとHAPPY♪おすすめピーラー15選

何気なく使うことの多いピーラー、しっかり選んでいますか?ピーラー1つで調理時間が左右される事もあるようですよ。包丁よりも薄く皮を剥く事で、無駄な部分もしっかりカット。包丁だとどうしても厚くなってしまう、手を切りそうで不安…。そんな人も多いですね。きちんとしたピーラーを選ぶと調理時間の時短にもなるし、仕上がりがとってもキレイ。おすすめピーラー15選をご紹介します。

ピーラーを選ぶときのポイント4つを確認!

image by iStockphoto

皮むきって意外と時間がかかってしまうもの。
カレーを作るだけでも、じゃがいもと人参の皮を剥く必要がありますよね。
なんとなく使っているピーラーですが、きちんと選ぶときのポイントを抑えれば時短に繋がることもありますよ。

1 刃の切れ味

image by iStockphoto

刃の切れ味は包丁同様にしっかりとチェックしたいところ。
切れ味が悪いと無駄な力が手にかかり、料理自体が面倒になってしまうことも。
食材にひっかかって手を切ってしまったり、食材がボロボロになってしまったりテンションも下がってしまいます。
必要以上に時間がかかってしまうこともあるので、切れ味の良い製品を選びたいところ。
材質で選ぶなら切れ味が長持ちするのはセラミックよりもやっぱりステンレスですね。

2 持ち手の形

image by iStockphoto

持ち手の形状は製品によって様々。
濡れた手で扱うことも多いので、滑りにくい形状がおすすめ。
持ち手が波型に加工されているものは、指がしっかりフィットするので使い心地もいいですよ。
グリップ部分の材質もチェック。
木製の物もあるので、自分の使いやすいものを選ぶといいですね。
持ち手の大きさも使いやすさに影響するのでそこも含めて選ぶといいですよ。

3 刃の幅

image by iStockphoto

刃の幅も製品によって違いますね。
幅が広いものはきゃべつの千切りや大根、玉ねぎの薄切りに最適。
じゃがいものような小さい食材に使うと、食材から刃がはみ出して手を切ってしまうことがあります。
どんな食材に使いたいのか考えて選びましょう。

4 ピーラーの形

image by iStockphoto

ピーラーには大きくわけて、刃が横向きについているT字型と刃が縦向きについている縦型があります。
一般的によく使われているのはT字型だと思いますが、縦型のタイプは慣れると包丁のように扱うことが出来ますよ。
コツさえつかんでしまえば時短も可能に。
最近愛用者が増えてきている形状ですね。
収納時にかさばらないのもいいところ。
次のページを読む
1 2 3 4 5 6
Share: