ホーム&キッチン家のこと

寒い季節にホッと一息。おすすめホーロー製ケトル15選

寒い時期に重宝する調理器具と言えばやっぱりケトルでしょう。別名「やかん」。殆どのおうちにあると思われるケトルですが、最近では調理器具にもインテリア性を求める傾向が高まっていますね。そんな中でやはり人気なのはホーロー製。やかんといえば生活感いっぱいのステンレスを思い浮かべる人も多いと思いますが、ホーロー製なら寒い季節にピッタリの特性を活かす事も出来るし、なんと言ってもキッチンを選ばないところが人気の理由。そんな愛用者続出のオシャレなホーロー製ケトル15選をご紹介します。

寒い時期にはホーロー製がぴったり

image by iStockphoto

ホーロー製には寒い時期にぴったりな理由があります。
さらに和テイストのキッチンにも洋テイストのキッチンにも自然と馴染む温かさや、そのまま出しておいても生活感が出ないオシャレなデザインも。
機能性バツグンのホーロー製は優秀素材なんですよ。

ホーロー製のメリット

image by iStockphoto

琺瑯とは、鉄やアルミニウムなどの金属素材で出来た形の表面にガラス質の釉薬を吹き付けたもの。
とても丈夫で茶渋などの汚れも落としやすいですね。
さらに熱伝導率がよく、短時間でお湯を沸かせるというメリットもあります。
保温性にも優れているので温度が下がりにくく、お湯がすぐに使えなくてもしばらくはあたたかさをキープしてくれますよ。

ステンレスはどうしても水垢や茶渋が目立ちやすく、外側の水気をすぐに拭かないと跡が残ってしまいます。
そんな清潔感を長く保てるのもホーローのいいところ。

カラーも豊富なので好みの色を見つける事も出来ますね。

使う時の注意ポイント

image by iStockphoto

機能バツグンな琺瑯ですが、使う時に気を付けたいポイントが。

それはやはりガラス層があるので強い衝撃には気を付けるという事。
丈夫ではあってもガラスなのであまりにも強い衝撃を与えると、ガラス層にひびが入り下の素材が錆びてしまう事があります。
高温の状態から急激に冷やす事も避けた方がいいようですよ。

さらに熱伝導率の良い琺瑯は、満水で使用すると吹きこぼれてしまう事があります。
理想は7分目以下で使用しましょう。

お手入れの方法

image by iStockphoto

表面にキズがついてしまう事を避けるため、金たわしや研磨剤の多い洗剤の使用は控えましょう。
メラミンスポンジのようなものでも、目に見えない細かいキズが付きやすいので避けたほうがいいですね。

酸に強いホーローのお手入れはクエン酸がおすすめ。

水約1リットルに対してクエン酸小さじ1杯を目安に入れます。
10分程度に立たせたら火を止めてそのまま一晩置いてください。

翌朝中を出してスポンジで優しくこすってあげると茶渋や水垢が落とせます。

酢でも同じ効果がありますが、酢は沸騰すると匂いが強くなる事もあるので匂いのないクエン酸がお薦めですよ。

#1 大人気料理家デザイン「栗原はるみ IH対応 ホーローケトル 2.4L HK10622」

IMAGE

栗原はるみ IH対応 ホーローケトル 2.4L HK10622

¥7,020Amazonで見る
価格・情報の取得:2017-12-25
大人気料理家の栗原はるみさんデザインのケトル。
持ち手が木製で手に馴染みやすく、細口仕様でコーヒーなどのドリップにも最適ですよ。
本体とスチール部分、取っ手の天然木のバランスがよく、見た目もバッチリ。
底面の面積も広めでお湯も早く沸かせますね。
IHで使用可能なのも嬉しいですね。
次のページを読む
1 2 3 4 5
Share: