ホーム&キッチン家のこと

きちんと選ぶとHAPPYになれる!おすすめ「物干しハンガー」15選

洗濯物を干す、取り込む、この作業はできるだけ手っ取り早く、楽にすませたいですね。それをいかにかなえてくれるかは、ハンガー次第というところ。加えて、洗濯ものがたまっている日なんかは、できるだけいっぱい干したい!実用性、デザイン、いろいろ選んで気持ちよく洗濯に挑もう!

ハンガーは本当に多種多様です

image by iStockphoto

大まかに分けてハンガーは、シャツなどを一着一着干す定番のハンガーと、靴下、下着など小さなものを干すための洗濯バサミ付きピンチハンガーがあります。
それらのものからまた分類して、タオル用だったり、セーター用だったり、ピンチハンガーなのに、シャツなんかも干せたりと、いろいろありすぎて迷う迷う。
我が家では何を一番多く干したいか、干せるエリアの広さなども考慮したいところです。

どこに干すか

image by iStockphoto

ベランダ、庭、または室内干し。
干す場所によってもハンガーは変わりますね。
吊るすタイプ、かけるタイプ、立てるタイプ。
またその大きさもさまざま。
屋外なら劣化が激しいことも考えて、材質も選びたいです。
屋内だと干せるスペースは限られていますから、形や大きさにもこだわりたい。
最近は景観などの規制があったり、防犯などのことも考慮にいれて、室内干しの人も多くなっています。
その分適した洗剤や洗濯グッズもたくさん出回るようになりました。
ハンガーも然り。
大いに利用したいものです。

ちょっとした機能「おすすめハンガー15選」

image by iStockphoto

ホームセンターやスーパーでたくさん見かけるハンガーは、どれも似たりよったり同じに見えます。
でもじっくり見ればちょっとした違いで、便利度が確実にアップ。
そのちょっとした違いをいろいろチェックしてみました。
「ああ、そうそう、こういうのほしかったんだあ」と思わせるハンガーたち、並べてみました。

#1 ハードかソフトかピンチが選べる「干し分けハンガー」

IMAGE

ダイヤコーポレーション 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付

¥699Amazonで見る
価格・情報の取得:2017-12-22
ランキングでも上位に入っている人気のハンガー。
40個のピンチのうち、レギュラー、強力、ソフトと三種類のピンチに分けられています。
なんといってもジーンズが干せるというのが、レビューのみなさんに多い嬉しい意見。
弱いピンチだと風で落ちてしまうこともありますもんね。
ひっかける部分に竿止めのストッパーがついているのも嬉しいところ。
しっかりと固定できるのがいいですね。

#2 数で勝負「ピンチハンガーステンレス52」

IMAGE

ピンチハンガー 洗濯 物干し ステンレス 52ピンチ 52S

¥1,800Amazonで見る
価格・情報の取得:2017-12-23
ピンチが52個という大量干しにはもってこいのハンガー。
内側のものが乾きにくいという意見もなきにしもあらずですが、全部のピンチを使わなくても、いろいろなピンチを使って、いろいろな角度で好き放題止めることができるのが嬉しい。
何よりステンレス製で劣化しにくい。
そしてピンチどうしが絡まりにくいということ。
このタイプは使わない時二つに折り曲げるのですが、次に開くと絡まりまくって大変。
そのストレスを軽減できるのがいいですね。
引っ張って外しやすいピンチなのも特徴です。
次のページを読む
1 2 3 4 5
Share: