ホーム&キッチン家のこと

使い勝手のいい片手鍋はどう選ぶ?素材から選ぶ片手鍋のおすすめ15選

ソースを温めたり、一人分のご飯を作ったりと何かと便利な片手鍋。ソースなんかは大きい鍋を使うとやりづらくなってしまったりしてしまうので、1つは片手鍋を持っていたいですよね。片手鍋はどんなものを使用していますか?自分が一番使うことに合わせて片手鍋を素材から選んでみると今まで困っていたことが解決するかもしれませんよ。今回は素材から片手鍋を選んだおすすめの15個をご紹介します。

片手鍋は素材で選ぶ!

image by iStockphoto

量が両手鍋よりも少ないので物によっては焦げやすかったり冷めやすかったりしますよね。
自分のほしい機能は素材から選ぶと解決しやすいかもしれません。

熱伝導率に優れた「アルミニウム」

image by iStockphoto

アルミニウムは熱伝導率に優れているのでお湯の沸騰が早いのが特徴です。
そのため、焦げやすいので注意が必要ですね。
鍋の素材の中では一番耐久性がありませんが、軽くて手軽に使いやすいので短時間の料理におすすめです。

保温性・耐久性のある「ステンレス」

image by iStockphoto

保温性と耐久性に優れたステンレスの片手鍋。
アルミニウムに比べてやや重ためではありますが、煮込みなどにとてもおすすめです。
焦げ付いてもガシガシと洗うことができるので清潔を保てるところがおすすめのポイントですね。

お洒落で保温性の高い「ホーロー」

image by iStockphoto

カラーバリエーションも豊富でおしゃれな見た目のホーローの片手鍋。
こちらも保温性に優れているので、煮込みや少量のソースを温めるのに適しています。
ですが、ホーローはガラスコーティングなので衝撃には弱いので注意が必要ではあります。

アルミニウムの片手鍋おすすめ5選

熱伝導率に優れたアルミニウムは短時間の調理やお湯の沸騰などに向いてます。
そんなアルミニウムの片手鍋のおすすめをご紹介します。

#1 その1 おみそ汁を作るのに最適「谷口金属 雪平鍋」

Amazon|谷口金属 和の職人 深型 ゆきひら鍋 16cm 日本製|雪平鍋 オンライン通販

Amazon|谷口金属 和の職人 深型 ゆきひら鍋 16cm 日本製|雪平鍋 オンライン通販

Amazonで見る
こちらの片手鍋は使い勝手のいい雪平鍋。
表面はアルマイト皮膜加工が施してあるので丈夫で腐食しにくくなっております。

取っ手が木製になっているので調理中熱くて触れないこともないので手軽に調理し易いですよね。
鍋の内側にメモリが振ってあるので計量の手間が省けてとても便利です。

お値段もお手頃なので、初めての自炊やサブとして使用する片手鍋としておすすめですよ。

#2 その2 煮込みに最適「中尾アルミ 浅型打出 雪平鍋」

Amazon|アルミ 底平 浅型打出 雪平鍋(目盛付)18cm|雪平鍋 オンライン通販

Amazon|アルミ 底平 浅型打出 雪平鍋(目盛付)18cm|雪平鍋 オンライン通販

Amazonで見る
こちらの片手鍋は浅型なので底面が広めに設計してあるため、全体への火の通りが早いのが特徴です。
なので、さっと全体に火を通したい料理や煮込み料理に最適ですよ。

こちらも取っ手部分が木製になっているので調理中に熱くて触れないということがなく安心して調理ができます。
短時間の調理をしたい方におすすめの片手鍋です。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: