ホーム&キッチン家のこと

使い勝手のいい片手鍋はどう選ぶ?素材から選ぶ片手鍋のおすすめ15選

ソースを温めたり、一人分のご飯を作ったりと何かと便利な片手鍋。ソースなんかは大きい鍋を使うとやりづらくなってしまったりしてしまうので、1つは片手鍋を持っていたいですよね。片手鍋はどんなものを使用していますか?自分が一番使うことに合わせて片手鍋を素材から選んでみると今まで困っていたことが解決するかもしれませんよ。今回は素材から片手鍋を選んだおすすめの15個をご紹介します。

片手鍋は素材で選ぶ!

image by iStockphoto

量が両手鍋よりも少ないので物によっては焦げやすかったり冷めやすかったりしますよね。
自分のほしい機能は素材から選ぶと解決しやすいかもしれません。

熱伝導率に優れた「アルミニウム」

image by iStockphoto

アルミニウムは熱伝導率に優れているのでお湯の沸騰が早いのが特徴です。
そのため、焦げやすいので注意が必要ですね。
鍋の素材の中では一番耐久性がありませんが、軽くて手軽に使いやすいので短時間の料理におすすめです。

保温性・耐久性のある「ステンレス」

image by iStockphoto

保温性と耐久性に優れたステンレスの片手鍋。
アルミニウムに比べてやや重ためではありますが、煮込みなどにとてもおすすめです。
焦げ付いてもガシガシと洗うことができるので清潔を保てるところがおすすめのポイントですね。

お洒落で保温性の高い「ホーロー」

image by iStockphoto

カラーバリエーションも豊富でおしゃれな見た目のホーローの片手鍋。
こちらも保温性に優れているので、煮込みや少量のソースを温めるのに適しています。
ですが、ホーローはガラスコーティングなので衝撃には弱いので注意が必要ではあります。

アルミニウムの片手鍋おすすめ5選

熱伝導率に優れたアルミニウムは短時間の調理やお湯の沸騰などに向いてます。
そんなアルミニウムの片手鍋のおすすめをご紹介します。
次のページを読む
1 2 3 4 5 6
Share: