DIY

いろんな素材でかわいく作ろう!バタフライインテリアの7の提案!

ひらひら、ふわふわとかわいらしく漂うちょうちょう。インテリアからアクセサリー、日常的にもよく見かける人気のモチーフです。ナチュラルなものから、ポップなもの、カジュアルなものなど、どんなものにも合う万能モチーフです。バタフライのモチーフを使ったインテリアが手づくりできたら素敵ですよね。どんなものが作れるのでしょうか?身近な材料を活用して、「バタフライインテリア」をつくりましょう!早速作り方をご案内していきます。

バタフライの飛び交うインテリア

image by iStockphoto

どんなデザインやシーンにも合ってしまうかわいいバタフライモチーフ。
身近な素材で作ることができたら楽しいですよね。
見せ方も様々です。
あなたはどんなタイプのバタフライを作ってみますか?いろいろな工夫の仕方があります。
早速見てみましょう!

1.ペットボトルを使って

飲み干したペットボトル、捨てる前にちょっと遊びませんか?使用しなくなった派手色のネイルも一緒にリサイクルできちゃう「ペットボトルバタフライ」を作ってみましょう!

なんと言っても立体的なバタフライができちゃうのが特徴! バタフライの絵を描いた紙を、半分に切ったペットボトルに入れます。
油性ペンで絵をなぞって、ハサミで切り抜きます。
あとはネイルで色付けして完成!エナメルなツヤがポップに、色使いを工夫すれば大人のイメージに仕上がります。
クリアな調子をとどめておけばサンキャッチャーや窓辺の飾りつけにもオススメ。
壁に貼り付けて少し立体的なバタフライウォールに活用することもできそうですね。

お使いの商品と捨てるはずのペットボトルがこんなに素敵に変身するなんてびっくり!ぜひチャレンジしてみましょう!

2.ペットボトルとビーズを使って!

胴体部分にビーズを使うと、よりリアルに! ワイヤーに胴体部分のビーズを通す。
触覚の部分は円を描くように曲げて先っちょに小さ目のビーズを。
あとはバタフライ本体に接着すれば完成!ビーズの色や素材を変えるだけでポップにも高級感あふれるものにも変わります。
お家にある材料や手芸屋さんをのぞいてみて工夫してみましょう。
立体感とビーズがよりリアルな蝶々をほうふつとさせるのでカントリー調の家具に組み合わせてみたり、観葉植物やフェイクグリーンと一緒に飾っても素敵ですよ。

3.レースを使って!

ネイルでの色付けでなくても、ペットボトルにレースの切れ端などを貼り付けてもステキ!羽にはキラキラビーズをさらに飾りに付けたらゴージャス!ホワイト調のレースを使えば、ガーリーでかわいらしいデザインに。
清楚な感じも強まりますね。
黒いレースにはゴールドやシルバーなどの金属質なビーズを組み合わせると、大人の雰囲気と高級感を持たせることができます。

布のやさしい質感が生きるので、リビングのカーテン止めや、キッチンのインテリアにぴったりですよ。

4.カラーペーパーをたくさん使って

クラフトパンチでバタフライを多く作って、メリーにしてもステキ!真ん中に電球を入れればバタフライシャンデリアとしても使えます。
ゆらゆらとしてかわいらしいインテリアの完成です。
本物の蝶々が飛んでいるようなやさしいインテリアですね。
クラフトパンチを購入すれば、バタフライのパーツをたくさん作るのもそんなに区ではありませんし、器用さに自信がない方も簡単に完成度の高い作品を作ることが可能です。

4-1:リースにアレンジ

ノーマルなリースにたくさん付けて、バタフライのドアリースにも。
ウッド調で木製のリースの雰囲気にもそん色ありません。
リアルなバタフライをつくってもかわいいですが、好きな色画用紙や包装紙を切り抜いて作ってもかわいいです。
統一感を持たせれば、シンプルながらもバタフライパーツの多さから華やかさも失われません。
華やかでかわいいインテリアができること間違いなしです。

5.ニット素材でアクセサリーを

丸くカギ編みで作り、造花の雄しべなどに使うパーツを組み合わせればコロンとかわいらしいバタフライの完成です。
デフォルメ調の小さなバタフライはアクセサリーにぴったりですよ。
ヘアピンやブローチ、バッグのアクセントなどにいかがですか?色の組み合わせも自由自在。
編み物で余った毛糸を活用して作ってみてはいかがでしょうか?

毛糸素材なので、冬にかけてのインテリアにも合いそうですね。
次のページを読む
1 2
Share: