DIY

捨てようと思っていたセーターの「ずぼらリメイク術」6選☆

何度も何度も着て疲れ切ったニットセーター。もう捨てようと思いますよね?しかし!これが適当に縫い合わせると、意外と使える物に変身するんです!裁縫できなくたって、ずぼらなくらいがちょうどいいリメイク術をご紹介します!

いろいろなニットセーター

ニットセーターと言っても、いろいろな編み方や厚さがありますよね。
あまり隙間のないタイトに編んでいるニットセーターが、ずぼらリメイクに適しています!

ウサギのお人形

小さめの四角形に切って、写真のように真ん中に綿を乗せます。
上の部分をつまんで真ん中で縫いよせ、残りは綿を包み込むように真ん中で縫い合わせます。
適当に縫っていいんです! 目をビーズなどで付けてあげればウサギのできあがり!
このウサギをいくつか作ったら、糸で吊るしてメリーにも♪

リンゴカバー

リンゴより少し小さめのサイズになるように切って、底の部分を縫い合わせます。
上に来る部分は、端っこがほつれないように糸でくくり縫いをしていきます。
これも適当にやって大丈夫!

花瓶カバー

花瓶よりも少し小さめの円周になるように筒を作って縫い合わせる。
あとはかぶせるだけ! ボンドで花瓶に貼り付けてもOK。

ウサギのニット帽

ずぼらリメイクのコツがつかめたら、お人形の帽子作りにチャレンジ! 底の部分を縫い合わせて、端っこをほつれないように糸でくくり縫い。
あとは耳をくっつけてあげれば、お人形の帽子完成!
これができれば、赤ちゃんの帽子も絶対できます!
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部