家族のこと

見たくなかった!旦那さんのAVを見つけた時の対処法10案

始めに申し上げますと筆者はAVに全く抵抗がありません。夫の部屋を探したこともなく見つけたこともありませんが、旦那さんの部屋から怪しいものが出てきた…という話はよく聞きます。女性の中には非常に抵抗がある方や、嫌悪感を抱いてしまう方も多くいらっしゃるでしょう。奥さんのタイプがどちらにしても旦那さんとしては気まずくて仕方ないはず。今回は「絶対にムリ!」という方にも「別に気にしない」という方にも知っておいて欲しい、発見後の対応をご紹介したいと思います。

AVなんて気持ち悪い!という奥様向けの対策法

image by iStockphoto

アダルト作品に関して抵抗を示す気持ちはわかります。
女性を道具として扱っているように感じたり、自分とタイプが真逆な女性が掲載されたものを見つけると女性としてのプライドも傷ついてしまいますよね。
でも感情的になって旦那さんを侮辱することは控えましょう。
旦那さんも男です。
寧ろ性欲を浮気、キャバクラ、風俗通いなどで発散していなかったことが幸いだと思い一度クールダウンしましょう。

対策1)まずは見つけてしまったことを冷静に報告

image by iStockphoto

タイトルではAVと書かせていただきましたが最近ではアダルトサイトを利用しているケースも多いので、パソコンの閲覧履歴でうっかり発見してしまったかもしれません。
もしくはいやらしい雑誌やDVDなどを見つけたらなるべく旦那さんに伝えましょう。
見て見ぬフリをするのも1つですが、自分が知らない間に秘密がバレてしまっていたら嫌じゃないですか?ここは正直に伝えて、夫婦として話し合うことをオススメします。

伝えると恐らく旦那さんはうろたえながら言い訳をすると思います。
ここであなたは感情むき出しになるのではなく一通りの言い訳を聞きます。
もちろんスルーしても良いのですが、言い訳の中にセックスレスであることや奥さんが冷たいからなど夫婦問題が飛び出すことがあります。
しかしそれでも言い返してはいけません。
旦那さんが落ち着くまで静かに話を聞きましょう。

対策2)夫婦の問題が発端であれば話してみる

image by iStockphoto

先ほど挙げたセックスレスなどが問題になっている場合は2人で問題解決を導き出すことができますね。
出産を機に生活に変わったことなどで夫婦の時間がとれなかったり、仕事と家事で忙しくて夜はすぐに寝たいなどあなたの言い分もあるかもしれません。
ですが旦那さんがアダルトなものに手を染めることに嫌悪感を感じるのであれば落としどころを作った方が良さそうですね。

新婚時代のように高い頻度で行うことが難しい場合は週単位など、お互いが納得できる期間を提案して話し合ってみてください。
旦那さんがいやらしいものを見ていた事実を知った瞬間は、旦那さんに触れるのも嫌だと思ってしまう奥さんもいるかもしれませんが、軽蔑してしまうと旦那さんの心が離れてしまう原因になりますので、くれぐれも注意しましょう。

対策3)ディープな趣味が発覚した場合は深く探らない

image by iStockphoto

人には誰しも他人に隠したい部分があるはずです。
男性は特にエロといった分野に隠れていることもあります。
それがバレてしまったことに対しても旦那さんは落ち込んでいる可能性があるので、できれば質問攻めすることはオススメしません。
増してやAVなどに抵抗を持っている女性が聞いても楽しい話はないと思います。

ただ見つけた作品がハードなものなどきわどい場合は、「奥さんとはできない。
でも好きなんだ!」ということで旦那さん自身の欲求を発散させるために手に入れたものでしょう。
そういったことを強要されるのと作品で満足してもらうことでは、どちらの方が楽か少し考えて頂ければ大目に見ようという気持ちにもなれるはずです。
ジャンルによっては信じられないと拒絶してしまうこともあるかもしれませんが、処分させたり二度と観るなと言ってしまうと、浮気などに走ってしまう可能性があるので注意してください。

対策4)話し合いは終わったけどモヤモヤしてしまう

image by iStockphoto

旦那さんとの話し合いで納得はできたけど本心では納得できない。
自分以外の女性を好んで見ていることに対してや、見つけたものがハードすぎた場合は逆に女性の方がショックを受ける場合があります。
そんな時は話せそうであれば友達に話して発散してください。
共感してもらえたり、笑い飛ばしてもらえたりと楽になることがあります。

そういった話題を出すことにも抵抗がある女性は、掲示板に書き込みしてみることをオススメします。
主婦が集まる掲示板などもありますし、ハンドルネームなど匿名で詳しい事情をぼかしながら書いて発散することもできます。
運がよければ同じ境遇の方から励ましの返事がきたり、私が挙げたものよりも参考になるアドバイスをいただけるかもしれません。
どちらにしても溜め込むと頭の中をループするだけなので、なるべく外に発散してトラウマにならないようにしていただきたいです。

対策5)旦那さんも男であることを覚えておきましょう

image by iStockphoto

アダルトなものに抵抗がある女性は、性に対しても少なからず抵抗があるかもしれません。
しかし性という概念があるからこそ、恋愛を経て結婚することができました。
子どもがいらっしゃる場合は尚更大切な概念と言えます。
自分に対して優しくて誠実な旦那さんが、思いもしない男の顔を持っていたことを知って驚いてしまうかもしれません。
しかし旦那さんは立派な男なのです。

男性にとっては、ある意味お笑いなどと同じ娯楽の世界ともいえます。
苦手な方に理解しろとは言いませんが、完全に排除してしまうことは逆効果であることは覚えておいていただきたいです。

AVを見つけても気にしない奥様向けの対策法

image by iStockphoto

世の中には子ども時代に少しおませさんだった女性も一定数いらっしゃることでしょう。
筆者は昔こそ抵抗がありましたが、年齢を重ねるにつれ自分以外であってもAVなどで満足してくれる人と結婚できたら良いという考えになり、夫の秘密には触れないようにしています。
とは言え、あなたが気にしなくても旦那さんはきっとタジタジになっていると思うので、対策法をご紹介します。
次のページを読む
1 2
Share: