ホーム&キッチン家のこと

【ハンガーをきちんと選ぼう!】世界で愛されるおすすめ「ハンガー」15選

ファッション大好きならやっぱりクローゼットにもこだわりたいものですね。クローゼットは大切な洋服を保存しておく重要な場所。そんなクローゼットに使用しているハンガー、気にして選んでいますか?クリーニングに出した時にもらったハンガーをそのまま使うのは勿体ない!もちろんコスパは最高ですが、たくさんあるハンガーメーカーの中には世界中の人を虜にするメーカーがあるんです。1度は使ってみたい上質ハンガーを、メーカーと一緒にご紹介します。

洋服に合ったハンガーを使おう

image by iStockphoto

洋服と同じように、ハンガーにも種類がある事を知っていますか?間違えたハンガーを使っていると、衣類の型崩れの原因になります。
生地を傷めてしまう事も。
衣類の形や素材によって使い分ける事がポイント。

1 ハンガーのサイズは?

image by iStockphoto

ハンガーのサイズが合っていないと、洋服の型崩れに繋がります。
大きすぎるハンガーは袖に付き出した形でハンガーの角が当たるので袖が出っ張ってしまいます。
逆に小さいと肩幅ぴったりに収まらず、肩の途中が出っ張ってしまいます。

一般的なサイズは男性用で45㎝。
女性用は38㎝で、体形によって変わるので自分にピッタリのサイズを探してみましょう。
ピッタリサイズがない場合は大きいものではなく小さいものを選びます。

2 衣類によって使い分ける

image by iStockphoto

衣類には様々な種類がありますね。
それぞれその形に合ったハンガーがを使いましょう。

スーツやジャケット類は他の衣類と肩の部分の形が違います。
肩に向かってT字に立体的な造りになっていますよね。
これは着用している時がベストな形になるようにデザインされているから。
そのため選ぶハンガーも人の肩のようにしっかり厚みがある物を使います。

コートやアウターのような重みのある衣類はしっかり支えられる厚みがある物を。
重みで下に伸びて形が崩れやすく、とくに冬物などの季節が限られる衣類は長くハンガーにかける事を考えて耐久性のあるものを選ぶといいですね。
もちろん金具部分の耐久性も大事ですよ。

Yシャツやブラウスのような襟のついた衣類は襟の立ち上がりがあるものがベスト。
襟周りの型崩れが防げます。
こちらは薄いハンガーでも大丈夫ですよ。

カーディガンやニットのような薄手の衣類はとてもクセがつきやすいです。
肩の部分が尖っていないハンガーを使うのがベスト。

スカートはクリップで挟んで吊るすとシワにならず、シルエットが保てます。
スラックスは重みで折り目が伸びてしまうので2つに折りたたんで重みを分散させる事できれいに収納出来ますよ。

クローゼットの中を整える

image by iStockphoto

いくら上質のハンガーを使ってもクローゼットの中がギュウギュウの満員電車状態では意味がない!クローゼットの中をしっかり整理しましょう。

衣類は詰め込み過ぎるとシワの原因に。
隣の衣類との摩擦で静電気が発生したり生地を傷める事もあります。
そして通気性が悪いとカビが発生する事も。

衣類を長持ちさせるにはクローゼットをしっかり整理する事が大切です。

ハンガーを使った断捨離

image by iStockphoto

大人のシンプルライフを目指す女子に人気なのが「断捨離」。
風水でも良い気を取り込む為に掃除や整理をしますよね。
この断捨離でも良い気を運び込む事が出来るとか。
そして自分にとって本当に必要か?と考える事で自分と向き合う事も出来ますね。
本当に必要かどうかが考えられるようになれば、無駄な出費も減りお財布にも優しくなります。

ハンガー断捨離の方法はとっても簡単。
クローゼットの中の衣類を全て出して、1シーズン着ていない物は処分。
リサイクルショップに持ち込むなり、お掃除道具として再利用したり。

整理が終わったら、1枚買ったら1枚処分するようにします。
これでクローゼットがギュウギュウになる事はなくなりますね。

断捨離をして物に対する考え方が変わると自然と気持ちがスッキリしますよ。
年末の大掃除も終わるとすっきりしますよね。
おすすめです。

使う素材を揃える

image by iStockphoto

ハンガーの素材を揃えるだけで、クローゼットの中の見た目がかなりスッキリします。
揃えるならおすすめは木製。
自然の温もりを感じたり、機能的にもしっかり厚みがあって静電気が起きにくかったりと優秀です。
耐久性もあり見た目もオシャレですね。

愛され続けるハンガーメーカー

image by iStockphoto

ハンガーメーカーは日本だけでなく世界中に存在します。
自分の好みに合ったメーカーがあればそのメーカーで揃えると使い易いですよ。

その数あるメーカーの中でも特に人気のある3社をピックアップ。
商品へのこだわりや魅力と共に、オススメのハンガーを紹介します。

オシャレなイタリア発「マイネッティ」

image by iStockphoto

イタリアの高級ブランドを愛用する人なら知らない人はいないとも言われるマイネッティ社。
イタリアのヴィチェンツァで1961年に創業し、イタリアの高級ブランドに採用されています。
元々はブランドの名前を入れて使用するプライベートブランドハンガーとして世界に拡がりました。

今やアルマーニやグッチ、ポールスミスやエルメスなどの有名高級ブランドで使用されるハンガーメーカーに。

人気のサルトリアーレシリーズは厚みがあるのに軽量で、高級感ある素材。
人体工学を参考に作られたハンガーは、適度な丸みで肩部分がしっかり立体的に保たれます。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: