DIY

DIYでできる!和室の押し入れ収納をリメイクしよう。事例3選

戸建なら必ずと言っていいほど一部屋はある「和室」。賃貸マンションではすべて洋間の物件もありますが、3LDKくらいの大きさだと一室は和室ということも多いもの。そんな和室の押し入れ、しっかり活用できていますか?「収納スペース」として使いこなせてますか?クロゼットとも違いますし、そもそもお布団を片付けるスペースと考えると、ベッドが主流の現在では使いずらいものです。でもそんな「押入れの中」の使われていない「空間」を利用して、和室を広々と使ってみませんか。固定概念を捨てて押入れを見てみてください。今どきの押し入れの使い方は、意外と斬新。

1まずは「収納」スペースとして活用

押し入れ本来の「収納」に着目してみましょう。
押し入れの底知れない能力を再確認です。

押し入れをクロゼット風に活用その1

無駄な空間を作らないために必要なのが、収納アイテム。
今どきはホームセンターなどで押し入れに合わせたサイズの収納家具がいろいろ販売されています。
まずは押入れのサイズを奥行きまでしっかり測り、ぴったりサイズの収納アイテムを利用して収納する事が大切です。
例えば、ちょっとクロゼット感覚で押し入れを使うなら写真のようなダブルハンガーラックがおすすめ。
横幅に合わせて伸縮する押入れ用のハンガーラックは押入れ活用の必要不可欠アイテムですよ。

押し入れをクロゼット風に活用その2

今度は押入れの「奥行き」を活かした収納。
スライドダブルハンガーはハンガーを吊るした部分が手前に引き出さる優れもの。
奥にかかった衣類が見づらかったり、取り出しにくいのを解消してくれます。
押し入れの奥まで有効に活用しましょう。
棚付きのスライドダブルハンガーなら棚にちょっとした小物を載せて整理ができます。

衣類以外の収納にも便利なアイテム

季節ものの家電やミシンなどの作業道具は、押入れ用の収納ワゴンで押し入れに片づけちゃいましょう。
ミシンなどは重いので、そのまま突っ込んでしまうと取り出しも大変。
でもキャスター付ならワゴンを引き出せるので、奥と手前の両方がいつでも簡単に取れるように収納できます。
普段あまり使わないバッグや季節外れなアイテムは奥に、よく使うものは手前に。
入れ替えは引き出したワゴンを入れ替えるだけでオッケーです。

ワインカウンターにも

お酒好きの方必見のワインカウンターに大改造。
同じ収納でもこれは魅せる収納です。
ふすまを取り払ってお気に入りのコレクションを眺められます。
大好きなお酒に囲まれて幸せな気分になれるおススメの収納アイデアです。

2作業スペースにリメイク

作業空間がほしいけれど、これ以上部屋を手狭にしたくない…。
そんな方々は押入れを見直してみては?

ワークスペースとして

押入れの扉を取っ払っちゃいましょう。
そして押入れの空間を利用して作業スペースに。
上段を作業台にすると趣味のワークスペースに早変わりです。
新たにデスクを置くには手狭なお部屋でも、既存の家具の配置を変えずに面積を有効活用できます。
照明を取り付ければ夜でも作業可能です。
ここが押入れだったとは思えない、自分だけのワークデスクを手に入れましょう。
次のページを読む
1 2
Share: