家族のこと

旦那が嫌いなあなたが、ラブラブ夫婦に戻りたい時に考える10のこと

最近なんとなく旦那さんのことを嫌いになったり、鬱陶しいと感じていませんか?その原因は様々だと思いますが、今回はトリガーになりやすい5つの問題を挙げ、そんな時に私が考え直してる内容をまとめてみました。大好きな旦那さんの魅力を思い出して大切にできる工夫をしてみましょう。

夫婦喧嘩のすぐ後で嫌悪感が残ってる時

image by iStockphoto

喧嘩のあとは夫婦でなくても相手に嫌悪感や不信感が残って当たり前。
相手に言われたことと自分が言ったことが頭の中を回り続けていて、気持ちを切り替えられないのも喧嘩の直後ですよね。
こんな時は、本当に大好きな相手でも嫌いな気持ちが強くなってしまう場合もありますので、下記のことを見直してみましょう。

#1 喧嘩の原因より反省点を考える

image by iStockphoto

旦那さんからの好意を拒否したり、あなたを思って言ってくれた言葉に強い口調で言い返して喧嘩が始まった可能性はありませんか?特に生理のときは情緒不安定になりやすい方も多く、自分に悪気がなくても喧嘩になってしまうかもしれません。
そんな時は、なるべく早く謝って旦那さんとの間のモヤモヤを解消できるといいですね。

しかし旦那さんが原因で喧嘩になってしまった場合、あなた自身が返事の仕方や対応に問題がなかったか見直すだけでも気持ちをニュートラルに持っていくことができます。
旦那さんの欠点ばかり考えてたら旦那さんを嫌いになって当たり前です。
そうならないように喧嘩後は反省点を考えるほうが、仲直りもできますし今後の夫婦仲に良い影響を与えることができます。

#2 喧嘩のあとに気持ちよく仲直りする方法を考える

image by iStockphoto

喧嘩をしてむかつくだけでは問題は解決しません。
意地を張ってしまう気持ちはわかりますが、ここは一歩譲る精神をあなたが持って、自分が怒ってしまった理由など問題解決に向けた話し合いをするようにしましょう。
普段、喧嘩のあとは時間をおいて何事もなかったように仲直りする夫婦もいるかもしれません。
ですが、できればお互いの気持ちや意見を言い合える時間を作って、お互いを知ることも大切です。

喧嘩の度に、旦那さんの嫌な部分が見えて嫌いになる。
この悪循環を繰り返すなんて時間の無駄だと思いませんか?話し合いが苦手な場合は、旦那さんの好きなものを準備して「ごめんなさい」と伝えるだけでも気持ちは伝わります。
仲直りのパターンをいくつか持っておいて、なるべく旦那さんと良い関係を築くために行動できると理想的ですね。

旦那さんの悪い部分ばかり見えてしまう時

image by iStockphoto

家にいるときはダラダラしたり、話すと一言多かったりと嫌な部分が1つ見えるといくつも見えてきてしまいますよね。
そんなときはあなたが「旦那さんは私の気持ちをわかってくれない」など思い込みを強く持って旦那さんを見てしまっている可能性があるので、以下のことを見直してみてください。

#3 自分が家事や仕事などに忙殺されていないか見直す

image by iStockphoto

専業主婦の方も兼業主婦の方も、仕事や家事など周りのことに忙殺されていませんか?あなたがパンク状態になっていると、他人の見えない部分を配慮するゆとりがなくなってしまいます。
たぶん旦那さんは仕事が大変で、自宅が唯一くつろげる場所だから気を抜いてダラダラしてしまっているのでしょう。
これは自宅が安らげる場所であるとプラスに思えますが、兼業主婦の方にとっては家でダラダラできる旦那さんを見ていると更にイライラしてしまうかもしれません。

ここで大切になってくるのが、奥さんから言葉で旦那さんにSOSを出すこと。
女性は「言わなくても察して欲しい」と思いがちですが、ほぼ確実に男性は女性の気持ちを悟ることができません。
ですから、旦那さんに簡単な家事でもいいから手伝って欲しいと伝えましょう。
お願いする時に、あなたが他の家事をしている間に洗濯物を畳んで欲しいなど、内容と期限も具体的に伝えておくことが大切です。
休日の旦那さんは完全にリラックスモードに入っていることが多く、普段家事をしていない旦那さんほど家事を後回しにしやすいので、伝え方にも注意しましょう。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
nakakona0727