DIY

吊るすだけで光を集める!窓辺のインテリアとして大人気のサンキャッチャーの作り方!

サンキャッチャーって知ってますか?今となってはサンキャッチャー手作り講座まであるくらいの大人気なハンドメイドの一つ。ビーズやスワロフスキーなどをワイヤーやテグスなどで繋げるだけで、自分のオリジナルで作れちゃうサンキャッチャー。アレンジの方法もさまざまですよ。その作り方と飾り方をご紹介!

1.サンキャッチャーの由来

サンキャッチャーとは? トップに吊るされている表面を多重にカットされたクリスタルガラスが、太陽の光を受けて虹色に輝き、その光をお部屋の空間に放つインテリア。
風水などで、家の中の運気を高めるために有効に用いられたりもします。
つまり、悪い気を光の反射で拡散してくれるんですね! 太陽のエネルギーと、その虹色の光を楽しむ事ができるサンキャッチャーは、今主婦の間でも大人気!みんな思い思いのデザインで一つ二つとお部屋に吊るしているそうですよ!

2.吊るし方

お部屋の中心は避けて、太陽の光を浴びる位置に吊るしましょう。
厳密に言えば、部屋の中心以外にある「角のある天井」や「梁」の中心線上がベストとされています。
日光を反射させなければいけませんので、反射した光が壁に映ることで楽しむことができます。
窓辺に飾って楽しみましょう。

3.作り方1~トップの石を決める

作り方はとっても簡単です。
まずは、トップにする石の形を決めましょう。
トップの石が少し大きめの時は強度も心配ですよね。
そういったときはアクセサリーに使う三角カンを使うとしっかりしますよ。

最近ではハート形や星型など、どんな形でもありますが、今回は基本の形のものをご紹介しますね。

3-1:ボール型

一番適しているとされているのが、丸いボール型をトップに吊るすサンキャッチャー。
細かいカット面がたくさんあるので、太陽の光をよりたくさん反射してくれます。
シンプルに透明なものを使うことをおすすめします。
純粋なプリズムを楽しむことができます。

あとはお好きなビーズを繋げてアレンジして下さいね。

3-2:しずく型

トップをしずく型にしたサンキャッチャー。
このタイプのクリスタルは、いろいろな色が手に入ります。
ビーズで繋げてもいいし、写真のようにチャームを間に挟んで繋げてもステキですね!

似た形で葉っぱのような形のものや、ひし形のものなどもありますよ。

3-3:水晶型

宝石のような形で、ダウジングに使われるようなカッコ良さがあります。
そのままシンプルに飾ってもいいくらいの代物です。
カット面が細長い部分があるので、反射する光も先ほど挙げたものとはまた違うものを楽しむことができます。

4.作り方2~お好みのパーツを組み合わせて完成

サンキャッチャーはそのまま飾っても綺麗なインテリア。
組み合わせるアイテムやモチーフの種類によってアレンジもさまざまです。

組み合わせて吊るせばサンキャッチャーはあっという間に完成します。
ではアレンジの方法をご紹介します。
次のページを読む
1 2
Share: