インテリア

ミサンガでネックレス用の紐を作る!シンプルな物から始めてみよう!

いろんな模様を作れるミサンガは、手作りアクセサリの定番ですよね。ブレスレットやアンクレットを作っている方も多いのですが、今回は長めのネックレスミサンガで作ってみました。長いものを作るのであまり難しいものではなくシンプルな物にしました!

このハンドメイドに必要な材料

  • 刺繍糸(2つ)

このハンドメイドに必要な工具

  • セロハンテープ(適量)
  • 洗濯バサミ(2つ)

お好みの刺繍糸を2本用意します

今回用意したのは、濃い目のピンクの刺繍糸とスカイブルーっぽい色の刺繍糸です。

軸糸を切り出す

右側が軸糸(ミサンガの軸となる糸・表には出てこない糸)です。
大体の仕上がりの長さになると考えてください。
(少し長いぐらいの方がオススメ) 軸糸は120センチぐらいで4本(青・ピンク2本ずつ)切り出しました。
軸糸が多ければ太くなりますし、少なければ細くなります。
左側は表に出るミサンガを編む糸です。
こちらも少し工夫をしておくと、編みやすくなります。
その工夫は次項で紹介します!

編む前の下準備

そのまま編むと糸が長くて大変なので、少し工夫をすることにしました。
2本の指に八の字を書くように絡めていきます。
紐を巻ききったら指から外しておきます。

軸糸と編み糸を縛る

軸糸4本と編み糸2本で計6本を縛ります。

セロハンテープで固定する

先端をセロハンテープで固定して、編みやすいようにしましょう。

編み糸を編みやすい長さまで引き出す

編み糸は編みやすい長さまで引き出したら、写真のように残りを洗濯バサミなどでまとめてしまいましょう。
挟んだまま編めば、最後まで糸をくぐらせる時間が短縮できますし、紐が短くなったら洗濯バサミを少し緩めて紐を引き出せばOKです。

輪結びをしていく

今回はシンプルで初心者でも作りやすい輪結びを選びました。
写真のように、結んでいくのを繰り返していくだけです。
次のページを読む
1 2
Share:
yukota