インテリア

石鹸のいい香りがする匂い袋を簡単にDIYしてみませんか?

いただき物やお気に入りのいい香りがする石鹸を使って、簡単な匂い袋を作ってみませんか?作った匂い袋は、クローゼットや靴箱に入れたりすることもできますよ!袋も切れ端を使って簡単に作れるようにしてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

このハンドメイドに必要な材料

  • 布(15×45センチ程度)
  • 石鹸(1個)
  • リボン(適量)

このハンドメイドに必要な工具

  • カッター(1本)
  • 裁縫道具(1セット)

いい匂いのする石鹸を用意

いただき物やお気に入りでいつも使っている石鹸などが余分にあったりしませんか? せっかくのいい匂いのする石鹸ですから、匂い袋の元として活用してみましょう!

カッターで薄く削る

カッターを使って薄く削っていきます。
細かくしてしまうと袋から粉状になってこぼれたりしてしまうので、薄く広めに削っていくのがポイントです。

袋を作る

切れ端でも充分なのですが、今回は15センチ×45センチ程度の布を用意しました。

ほつれが気になる人は一手間

糸がだんだん解れてくるのが気になる方は、短い方の辺を三つ折りにして縫ってしまいましょう。
今回は最終的にこの部分が見えないので、省略してしまってもOKです。

半分に折る

布を半分に折り、両脇を縫いしろ0.5センチ~1センチぐらいにして、縦にラインを引きます。

まち針で留めるとズレにくい

まち針で留めると、ずれて縫わないで済みますよ! 心配な人は、細かめにまち針で止めてみてくださいね。

袋状になるように縫う

両端を縫います。
袋の底になる部分は、石鹸が粉状になってこぼれてくる場合があるので、細かめに縫うのがオススメです。
次のページを読む
1 2
Share:
yukota