DIY

化粧品を最後まで使い切りたい!もったいないときに使えるアイデア!

せっかく買った化粧品を最後まで使い切りたいと思うのは誰でも一緒なはずです。でも乳液やクリームなどの粘性が高いものは結構残ってしまうことも。蓋を開けても、振ってもなかなか出てこない…。もったいないけれど捨ててしまうか…という前に、ちょっとだけ頑張ってみませんか?1回~2回分ぐらいはもしかしたら出てくるかもしれませんよ!

ケースによっては使い切るのが難しいカタチの物がある

クリームや乳液のケースの中には、チューブ型だったり、柔らかい素材でできていてハサミやカッターで切ってしまえるものもありますが、固い素材のものもありますし、使い切るのが難しい物もあります。
今回は、硬いケースに入っているものの、ディスペンサー部分が外せるタイプの物で、できるだけ使い切るためのアイデアを紹介します。

まずは逆さまで放置

ディスペンサーを普通に押して出てこなくなったときに試してみたいのが、逆さま置き。
安定しない時には、写真のようにコップなどに入れて置けばOKです。
粘性がそれほど高くないものなら、重力に従ってだんだん中身が下に落ちてきます。
使うときはディスペンサーを外して…という形になるので、面倒な場合は、落ちてきた中身を別のケースに入れ替えてしまうのもいいかもしれません!

粘性が高くて、逆さまにしたぐらいじゃ落ちてこない場合は…

遠心力を使ってみましょう! まずビニール袋を用意します。
ケースを入れてくるくるとビニールを巻きつけます。
(手持ちの部分を持つと、ディスペンサーが下になるようにしてください) ビニールが広がらないように、ケースの周りのビニールをセロハンテープで固定したら、ケースを入れた反対側の手持ちの部分を持って、縄跳びをするときのように回します。
物にぶつけたりしないよう、広い場所で周りに人がいないか確認して行ってくださいね。
回した遠心力で、中身をディスペンサー口に集めるアイデアです。
ビニールが破れたりする危険もあるので、注意しておこなってくださいね。

それでも出てこないなら…

それでも中身がまだ残っている…というときは、もう掻き出してしまいましょう! とは言え、蓋を開けても入り口が狭いと、なかなか掻き出すのは至難の業。
そんなときは、ストローを用意します!

かき氷のスプーンのような形に切り出す

かき氷を食べるときのストロースプーンのような形に切り出します。
プラスチック系のストローだと柔軟性があるので、結構綺麗に掻き出せますよ!

ストローを内側に沿わせる

蓋を開けて、ストローを入れていきます。
内側に付いたクリームを掻き出したら、取り出しやすいケースなどに入れ直しておくと、使いやすいですよ!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota