インテリア

夏にピッタリ!透明感のあるレジンアクセを作ってみよう!

夏に使うアクセサリーは、涼しげな雰囲気のものを使いたいですよね。そこで、透明感のあるレジンを使って簡単に作ってみました。レジンでアイテムを作るときに気になる気泡潰しも省略できるように、気泡も活かせるモチーフを選んでみましたよ。型も使わない手作り感があるレジンアクセにチャレンジしてみましょう!

中に入れるモチーフを切り抜く

せっかく透明感のあるアクセサリーを作るのであれば、透け感のある素材が良いと思い、今回は、手すき和紙の折り紙を使ってモチーフを切り出すことにしました。
赤で金魚を緑で水草をハサミで切り出しました。

シリコンケースにレジン液を入れる

シリコンケースの底部分に、レジン液を入れます。
モチーフを乗せる部分と紐を通す穴を描き爪楊枝などで形を整えた後、外で10分ほど放置し固めました。
水をイメージしているので、気泡はあえて潰さずにそのまま固めています。

一度固めたレジンの上にモチーフを配置する

固めたレジンの上に、切り出したモチーフを配置します。
金魚と水草をこんな風に配置しました。

その上からレジン液を流し込む

モチーフを間に挟むようにレジン液を乗せます。
モチーフの位置がズレるようであれば、爪楊枝で調整すると良いですよ。
また、レジン液はあまり入れすぎないことがポイント。
はみ出してしまうと、下に垂れてしまうので、こぼれない程度に収めると綺麗に仕上がると思います。

再び紫外線に当てて固める

上に乗せたレジン液の気泡もあえて消さずに固めます。
金魚の周りに泡があることで、より水の中を泳いでいる感じが出せれば…という思いから、そのままにしています。

固める

固まったらOK。
少しいびつな形がまた手作り感があって良いかなと思っています。
型がなくても、これぐらいのレジンアクセが作れちゃうんですね!

紐を通して完成

紐を通せば、レジンネックレスの完成です。
透明なので、洋服を選ばずに付けられるのもポイントです。
ぜひ、夏を楽しく過ごせるレジンアクセを作ってみてくださいね!
Share:
yukota