DIY

ひもをグルグル巻くだけ!ボリューム感たっぷりのブレスレットの作り方♪

Tシャツやタンクトップなど、袖の短い洋服を着ることが多い夏の季節は、手元にアクセサリーをつけてポイントを作ってあげるとバランスのいいコーディネートに仕上がります。中でも、手首につけるブレスレットは、ボリューム感を調節しやすく存在感たっぷりでオススメのアクセサリーです。おしゃれなボリューム感のあるブレスレットを、手に入りやすいひもを使って、手作りしませんか?ひもをグルグルと巻くだけで作れますよ♪

身近なひもでブレスレットをDIY!

ひもを使って、おしゃれなアクセサリーを手作りしてみませんか? 袖が短い服を着ることが多くなる春〜秋にかけては、手元にアクセントをつけられるブレスレットが大活躍してくれますよ。
硬めのコードにビーズを通し、ボタンで取り外しするタイプのブレスレットは、制作時間も材料費もほとんどかかりません。
民族的なファッションによく似合いますよ。

スエードひも

スエード素材のひもに、大きめのモチーフを通すだけの簡単ブレスレット。
ひもを手首にグルグルと巻いてつけるブレスレットは、その日のコーディネートに合わせたボリューム感に調節できます。

リボン

リボンを手首に巻くだけで、エレガントなブレスレットに変身します。
リボンの途中途中にビーズを通すだけの簡単アレンジで、グッと可愛いブレスレットになりますよ。

革紐

合成の革紐は、100円ショップや手芸屋さんで手に入ります。
長めの革紐をグルグルと巻いて、両端にブレスレット用の金具を取り付けましょう。
シンプル服にもカジュアル服にも似合うので、重宝しますよ。

Tシャツヤーン

優しい肌触りが人気のTシャツヤーンで作るアクセサリーは、手元に存在感を与えてくれます。
シンプルなTシャツやワンピースなどのカジュアルファッションに合わせるのがオススメです。
Tシャツヤーンにウッドビーズを通せば、金属アレルギーの人でも安心して身につけられます。
夏は肌に汗をかきますが、Tシャツヤーンで作るアクセサリーならかぶれることもありません。
ぜひ色々な種類のヒモを活用して、グルグル巻くタイプのブレスレットを手作りしてくださいね。
Share:
yoshiko