DIY

涼しげなお部屋を作ろう♪夏を感じるインテリアコーディネートのコツ

暑い日が続くと、つい冷房や扇風機などの電化製品を使いすぎてしまいますよね。お部屋を涼しく感じられるインテリアにすれば、電気の節約になるかも?風通しがよく涼しげなお部屋に見せるには、実はいくつかのコツを押さえるだけでOKなんです。大きな家具を変えなくても簡単にマネできるものばかり!100円ショップの雑貨をうまく活用しましょう。涼しげなお部屋を作るインテリアコーディネートのコツをご紹介します!

①肌触りのいいものを選ぶ

肌に触れるものは特に、肌触りのいい素材のものを選びましょう。
例えば、藤で編まれた座布団やスツール、サラサラと肌触りのいい麻のクッションやカーペットに変えるだけで、暑い日でも居心地のいい部屋になります。
クッションカバーを変えたり、100円ショップで売っているカゴの収納グッズを置くだけでもOKですよ。

②ブルー×ホワイトの配色

ブルー×ホワイトの配色は、最も涼しさを感じさせる色の組み合わせです。
お部屋をこの色でコーディネートすれば、涼感たっぷりに仕上がりますよ。
取り入れやすいファブリックから変えるのがオススメです。

③葉の大きな植物を飾る

大きな葉の植物は、置くだけでアジアンリゾートのようなお部屋に変えてくれる魔法のアイテム。
存在感のある大きな葉の観葉植物は、緑色の比率が多く、お部屋に爽やかな雰囲気を与えてくれます。

④ガラスのインテリアを取り入れる

100円ショップで売っているガラス瓶や、ジャムの空き瓶などを利用してインテリアに活用しましょう。
透明なガラスは、程よい冷たさを感じさせてくれます。
机の上に集めて飾るだけでオシャレですよ。

⑤キャンドルを灯そう

夏の夜は、電気の明かりよりもキャンドルの柔らかい明かりを灯すのがオススメです。
浜辺で拾った貝殻やサンゴなどを一緒に飾ると、夏らしいインテリアになりますよ。

涼しげなお部屋になるよ♪

ガラスや藤素材を使い、涼しげなブルーやホワイトのカラーを取り入れるだけで、こんなに涼しげで爽やかなお部屋が作れます。
季節感を取り入れたお部屋は、日々の暮らしを豊かにしてくれますよ。
ぜひ試してみてくださいね。
Share:
yoshiko