インテリア

雨でも気にしないでOK!8枚羽風車を作ってお庭を飾ろう!

暑くなる日も増え、風を感じられるアイテムが欲しくなる季節になってきました。そこで風車を作ってみることにしました。梅雨の時期に外に飾っても安心な素材で、よく回るように、8枚羽の風車です。家の中でももちろん飾れるので、ぜひ、挑戦してみてください!

このハンドメイドに必要な材料

  • クリアファイル(1つ)
  • ストロー(大・小)(各1本)
  • 爪楊枝(1本)
  • 消しゴム(1個)
  • ビーズ(1つ)

このハンドメイドに必要な工具

  • カッター・ハサミ(1本)
  • 定規(1本)
  • 目打ち(1本)

道具を用意する

風車の羽根になるのは、クリアファイルです。
今回購入したのは、100均で販売されている、色つきのもの。
柄が付いていたり、透明なものでも綺麗に作れるので、いらなくなったものなどを探してみてくださいね。

ストローは二種類

今回用意したのは、小さいストローと、柄が可愛かった大きめのペーパーストローを用意しました。
小さい方は、爪楊枝が入っても余裕があるぐらいの太さのものを選んでください。
また、ペーパーストローは長く水に付けておくとフニャフニャになってしまうので、外で使う場合には、普通のストローを選んだ方が良いかもしれません。

クリアファイルを切る

クリアファイルをカッターやハサミ、定規を使って、正方形に切り出します。
下にメモリの付いたカッターマットを使えば、写真のように透けて見えるので、カットしやすいかもしれません。

正方形に切り出す

重なっているので、一度で2枚の正方形が切り出せました。
今回は20cm×20cmの大きさで作っていますが、もう少し小さくても良かったかなという印象です。

1枚ずつ切れ目を入れる

1枚目のファイルは、中心に向かって、写真のオレンジの色のラインで切れ目を入れます。
後で調整することもできるので、余裕を持って切るのをオススメします。
今回は中心に4cm×4cmの正方形が残るぐらいのイメージで切れ込みを入れています。

もう一枚にも切れ込みを入れる

もう一枚には、オレンジラインのように切れ目を入れます。
こちらも後で調整するので、あまり深く切りすぎないことが大切です。

組み合わせて、切れ目を調整する

まず、2枚のクリアファイルを写真のように90度になるように重ねます。
次のページを読む
1 2 3
Share:
yukota