インテリア

【子供と一緒に楽しめる工作】クリアファイルでかざぐるまを作ろう!

今回は子供と一緒に楽しめるクリアファイル工作をご紹介します。庭や窓辺に風を感じられるアイテムが欲しくなったら、ぜひ挑戦してみてください。手元に余っているクリアファイルを使ってもいいですし、100円ショップなどで手に入れたものでもOK。クリアファイルで作るので雨に濡れても安心で、お庭や花壇のアクセントにもなりますよ。ぜひお子さんと一緒に挑戦してみてください!

いろいろリメイクできるクリアファイル

image by PIXTA / 772317

クリアファイルといえば学校やオフィスの必需品。
100円ショップでは10枚100円で販売されていることがほとんどで、余ってしまうこともしばしば。
また、キャンペーンの景品やノベルティなどで知らず知らずのうちに増えてしまいます。

そんなクリアファイル、実はいろいろな物にリメイクできるんです。
歯磨き粉カバーやブックカバー、収納ケースなどが人気ですが、今回は子供と一緒に楽しめる「かざぐるま作り」をご紹介します。

8枚羽のかざぐるまの作り方

こちらは、紙で8枚羽の風車を作る方法が解説されていますが、基本的な作り方は同じです。
切り込みの入れ方など文章では分かりづらいので動画を参考にしてみてください。

作り方1:材料を用意する

必要な材料は、1.クリアファイル、2.ストロー(大小2本)、3.つまようじ、4.消しゴム、あとはカッターやハサミなどを準備すればOK。
クリアファイルは風ぐるまの羽根になるので、色付きのものを選ぶとカラフルな風ぐるまを作ることができます。
また、100均で購入した何の変哲もない透明のクリアファイルなら、マジックで絵を描いたり、要らなくなったマニキュアでペイントするのもおすすめ。

image by PIXTA / 11577771

ストローも大小のサイズを用意してください。
小さいストローはつまようじを中に入れても余裕のある太さのものを選びましょう。
ペーパーストローは可愛い柄がたくさんありますが、水分を含むとフニャフニャになってしまいます。
庭や花壇など、外で使う場合にはプラスチックのストローがおすすめ。

作り方2:クリアファイルを正方形に切り出す

クリアファイルをカッターやハサミ、定規を使って、正方形に切り出します。
下にメモリの付いたカッターマットがある場合は、カットしやすくなるのでぜひ使ってください。
サイズは飾りたい場所によってお好みでよいのですが、初めて作る場合は大きめにする方が作りやすいですよ。

クリアファイルはもともと重なった構造なので、1度のカットで2枚の正方形を切り出すことができます。
ハサミを使う場合は、重ねてカットするのが難しいので、1枚ずつ切り出すようにしましょう。
次のページを読む
1 2 3
Share: