DIY

七夕パーティーの器に!折り紙で作れる「ペーパースターボウル」をDIY♪

7月7日の七夕といえば、織姫さまと彦星さまが年に1回だけ出会えるという言い伝えのあるロマンチックな日です。そんな七夕は、星と深い関わりがあります。お家の中のインテリアも、七夕に合わせて星のモチーフを取り入れてみませんか?折り紙で手作りできる「ペーパースターボウル」は、小物入れとして細々としたものを収納できるほか、七夕まつりの器にも使えて便利ですよ。ペーパースターボウルの作り方をご紹介します!

ペーパースターボウルを作ろう♪

100円ショップで売っている折り紙を使って、星型の器「ペーパースターボウル」を手作りしてみませんか? 星のモチーフのボウルは、来たる7月7日の七夕の日に大活躍してくれますよ。

折り目を入れて折るだけ

一見複雑な形ですが、ハサミやのりなどを一切使わず、折り紙一枚あれば折ることができます。
ぜひ手作りに挑戦してみてください。

作り方

こちらの動画で、ペーパースターボウルの作り方がわかりやすく紹介されています。
折り目を入れて、線に沿って折り紙を折るだけで、このような星型の器が完成します。
ぜひ見ながら手作りして見ましょう。

完成!

収納したいものに合わせて折り紙の大きさを変えましょう。
たくさん作ってしまっても、このように重ねることができるので省スペースですよ。

小物を入れて飾ろう

ペーパースターボウルの中には、浜辺で拾った貝殻を入れたり、身につけていたアクセサリーを外してちょい置きするプレートとして使えます。
おしゃれな小物入れになるので、見せる収納ができますよ。

インテリアにもなるよ♪

お菓子などを入れることができるので、テーブルの真ん中に置きましょう。
実用的ながら、かわいいインテリアにもなります。
わざとひっくり返して星型を見せるのもアリかもしれません。
ぜひ七夕に向けて、折り紙でペーパースターボウルを手作りしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko