インテリア

川や海に流れ着く天然素材の流木☆貝殻を付けて夏のリース作りませんか?

同じ形がない自然素材の「流木」は、何とも言えない味があり、置いておくだけでもインテリアになります。 そんな流木が100均で売ってるって知ってますか?小さいので扱いやすくとっても軽くて使いやすいんです♪ 今回は流木をつかって夏のインテリアにぴったりなリースを作りました。

このハンドメイドに必要な材料

  • 流木(適量)
  • リース台(1個)
  • 貝殻(適量)
  • ビーズ(お好みで)
  • ラフィア(お好みで)

このハンドメイドに必要な工具

  • グルーガン(1台)
  • ハサミ(1本)

100均で揃います

今100均では夏のコーナーができていて、貝殻や流木もそこで売っていました。
リース台は1番小さいサイズを使います。

流木

100均の流木は小さいものがほとんどですが、あまり長い物はリースに使いにくいので小さめの物を使います。

リース台に付けます

流木をワイヤーで留めながらリースの形にする方法もありますが、難しいので今回はリース台にグルーガンで留めていきます。
まず、パラパラとバランスを見ながら貼っていきます。
大きさが色々ですし、太さもバラバラで薄い物や厚いものなどありますので大きめの物を先に付けるとやりやすいです。

リースの形にします

なるべく同じ方向ばかりにならないようにクロスさせたりします。
リース台に付ける量はお好みでどうぞ♪

ヒトデや貝殻

付けるものは自分の好きなもので大丈夫! 今回はアクセントになるので大きめのヒトデを付けて、貝殻を3個付けました。
もっと付けても素敵ですしボリュームが出ますね。

貝殻を付け終わりました

グルーでしっかりと付けてこんな感じになりました。
このままでもOKです。

お好みでビーズも付けましょう

所どころ真珠のようにキラキラ見せたいのでビーズを貼ってみました。
ビーズはあまり付け過ぎない方が素敵です♪
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi