インテリア

梅雨にピッタリ!風を感じられるかわいいインテリアを作ろう!

梅雨に入って、なんとなく気分が上がらない日々を過ごしていませんか?そこで気分が上がるかわいいインテリアを作ってみました。梅雨らしく、しずく形で作ったモビール風のインテリアは風でユラユラと揺れてステキですよ!早速作ってみましょう!

このハンドメイドに必要な材料

  • 厚紙(型紙用)(1枚)
  • 色画用紙(お好みで)
  • 透け感のある折紙など(適量)
  • 丸枠(刺繍枠など(1つ)
  • テグス(適量)

このハンドメイドに必要な工具

  • のり(1本)
  • カッター(1本)
  • カッターマット(1枚)

型紙を作る

厚紙でしずく形の型紙を作ります。
今回は大中小の3つのサイズで作りました。
手書き感がある素朴な感じにしたかったので、キレイなしずくを型にするのではなく、フリーハンドで描いています。
また、内側に透け感のある紙を貼り付けて、光が通るようにしたかったので、写真のように、内側が空いた型紙になっています。

色画用紙に型を写す

色画用紙に型紙で、切り取る部分のラインを描きます。
鉛筆で描いていますが、鉛筆で書いた面を内側にしてしまうので、気にしなくても大丈夫ですよ。

内側のラインも描く

型を使って内側のラインも描きます。
型が面倒という人は、フリーハンドで描いても良いぐらいですよ!

色画用紙を2つに折る

色画用紙を写真のように2つに折ります。
これによって、しずくが一度のカットで2つできあがることになります。
ラインよりも少し余裕を持って折り曲げると良いですよ。

まず、内側を切る

まず、内側のラインをカッターでカットします。

透け感のある折紙を用意する

今回は、100均で購入した透け感のある折紙を用意しました。
好みによって、間に挟む紙を選んでみてくださいね。

折り曲げた色画用紙の間に挟んでカット

内側を切り抜いた色紙の間に、折り紙を挟み、挟んだ状態で外側のラインをカッターでカットします。
同じ大きさに切れるだけでなく、透け感のある折り紙は柔らかく、一枚で切るとヨレてしまうので、挟んで切ったほうが綺麗に切れるという利点もあります。
次のページを読む
1 2
Share:
yukota