DIY

ビーズアクセ作りの基本!「シャワー台」を使ったパールリングを作ろう

ビーズアクセ作りに欠かせないパーツ「シャワー台」。DIYアクセサリーが立体的になるし、格段に本格的に見せてくれる、便利なパーツのひとつです。あなたは使ったことはありますか?今回はそんなシャワー台を使い、基本的な技法で作るパールのリングのDIY方法をご紹介します。シャワー台を使ったことがある方も、ぜひご覧になって基本をおさらいしてみてくださいね♪

用意する物

*小粒パール *大粒ビーズかコットンパール *シャワー台つきのリング *テグスか細いナイロンコードワイヤー *ニッパー *ボンド

作っていきます

はじめに中心の大粒ビーズを取り付けます。
画像のように、シャワー台、大粒ビーズ、小粒パール、大粒ビーズ、シャワー台の順にテグスを通します。
テグスは中央に近い、別々の穴から通してください。
裏でしっかり結びます。
テグスは切らずに、このまま使っていきます。
一番外側の穴からテグスを出します。
パールをシャワー台の外周に合わせた数、通します。
大粒ビーズにぐるっと一周巻きつけます。
先ほどテグスを出した穴から裏側に通し、裏で結びます。
あまったテグスをパールの隙間に通し、パールの浮きを押さえます。
裏でテグスをしっかり結び、カットしましょう。
ここで、リング台についているツメもカットしておきます。
次のページを読む
1 2
Share:
yuu100555