インテリア

ダイソーの「ブレスレット用ワイヤー」で作る☆涼し気なサマーブレスレット♪

暑い季節、海や河原など外へのおでかけが増えてきますよね。そんな時のファッションにピッタリの涼しげなブレスレットをハンドメイドしてみませんか? 用意する材料はすべて100円ショップ「ダイソー」で販売されているアイテムでOK。ターコイズやクリアカラーのガラスビーズなどをワイヤーに通していくだけで、とっても簡単に作ることができるんです。それではさっそく作りかたをご紹介していきますね♪

オシャレで涼しげなブレスレットをハンドメイド!

image by PIXTA / 248332

フェミニンでラブリーなアクセサリーはもちろん可愛らしいものですが、クールなファッションに合わせるならやはり涼しげなアクセサリーをチョイスしたいですよね。
クール系ファッションでなくとも、バーベキューや海水浴などのサマーレジャーには重苦しいタイプよりもサッパリとしたアクセサリーを身に着けて行きたいもの。

そんな時に使えるような、とっても涼しげなブレスレットをハンドメイドしてみませんか?

#1 材料となるアイテムは全てダイソーで揃えましょう

ブレスレットを手作りなんて、材料費がかかってしまうのでは? と思う人もいるかもしれません。
もし素材にこだわって天然石やジュエリー、貴金属などを使いたいと考えているのであればもちろん材料費はかさみますが、今回必要な材料は全て100円ショップ「ダイソー」で購入できるグッズだけなんです♪

使用するのは「ブレスレット用ワイヤー」に、人気の「ターコイズ系ビーズ」。
ダイソーには他にも色々なビーズが揃っていますので、お好みでチョイスしてみてくださいね。

#2 必要な材料は使いやすいようにしておくとGOOD

作業の際には、ビーズを種類ごとやカラーごとに、小皿などの小さな容器に入れておくのがオススメです。
バラバラにならず、ちょっとしたミスで床に落としてしまったりなどの事故も減るでしょう。
また、ビーズのカラーリングごとに別々の容器に入れておくことによって、作業の能率が格段に向上することと思います。

ぜひあなたの使いやすいように配置してみてくださいね!

#3 ワイヤーをカットしてビーズを通していきます

ダイソー「ブレスレット用ワイヤー」にはワイヤーが二本入っていますが、一本だけでも十分作ることができますよ。
まずは、ワイヤーをカットしていきましょう。
ニッパーなど切断用の工具を使い、ブレスレットを使用する人の手首回りよりも少し長めになるようにして切断します。

ワイヤーをちょうどいい長さに切断することができたら、準備は完了です。
いよいよビーズを通していきましょう。

#4 今回使用するのはターコイズビーズのセットです

今回使用するのは、綺麗なターコイズビーズとクリアカラーのビーズが入ったナチュラルセットの一袋。
ターコイズの爽やかなカラーリングと、クリスタルを思わせるクリアカラーのビーズの組み合わせがなんとも涼やかで素敵ですよね。

これらをワイヤーにどんどん通していきましょう。
通していく順番はもちろん自由でOKですが、あまり偏りのない方が見栄えのよいものに仕上がります。
アトランダムにチョイスしていきましょう。
次のページを読む
1 2 3
Share:
コトノ